メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

APNIC EC(理事)にJPNIC前村昌紀が再選

2014年2月28日、JPNICの前村昌紀が、 マレーシアのプタリン・ジャヤで行われたAPNIC (Asia Pacific Network Information Centre)総会でのExecutive Council(理事、以下EC)選挙*1において、 7度目の再選を果たしました。 今回ECとして選出された以下3名のメンバーは全員が再任で、 任期は2014年2月28日から2016年3月までとなります。

  • Ma Yan(中国)
  • Che-Hoo Cheng(香港)
  • 前村昌紀(日本)

またEC選挙では、その選挙ごとに、 三役*2を互選しています。 前村は2003年4月からEC議長を務めていますが、 今回あらためて議長に指名され、 次回の選挙がある2015年3月まで引き続き務めることとなりました。

前村からの再選にあたってのコメントは次の通りです。 JPNICは、このような活動を通じ、より一層、 国内外のインターネットコミュニティへ貢献していく所存です。

前村昌紀からのAPNIC EC再選にあたってのコメント

2000年10月からのECメンバー、2003年4月からの議長ともに、 引き続き務めることとなり、 皆さんからいただいたご信認に、ただただ感謝するばかりです。

APNIC事務局の業務遂行体制は、 10年前とは比較にならないほど整備され、 堅牢な業務基盤の上で、さまざまなリスクに備え、 戦略的な視点での事業展開が可能となっています。 JPNICとともに20周年を迎えたAPNICですが、 インターネットガバナンスや技術課題など、 取り組むべきことには事欠きません。 APNICの「大人」の第1歩を踏み出すこの任期も、 気を引き締めて取り組んでまいります。


*1 APNIC ECとは
http://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/apnic-ec.html

*2 三役: EC会議議長およびAMM(APNIC Member Meeting)の議長を務めるChair(議長)、 経理財務担当のTreasurer、庶務記録担当のSecretary

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ