メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANNが新gTLD日本語ラベルのルールを検討するグループ
「日本語生成パネル(JGP)」の設立を承認

先日2015年2月6日(金)に、 「日本語生成パネル(Japanese Generation Panel; JGP)」が組成され、 ICANN (The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)へ設立申請を行ったことをお知らせしましたが、 本日ICANNにより、JGPの設立が正式に承認されました。

新gTLD日本語ラベルのルールを検討するパネル「JGP」の設立をICANNが承認
http://j-gp.jp/topics/20150318-02

JGPは、新gTLDにおける日本語ラベルのルールを検討するグループで、 コミュニティからの意見募集などを行いつつ、 ルール作成を進める予定です。 このJGPには、副議長としてJPNICの前村昌紀が参画しているほか、 JPNICも事務局業務の一部を担当しています。

JGPの活動や、 ルートゾーンにおける異体字の扱いに関する検討状況などの詳しい情報については、 JGPのWebサイトをご覧ください。 また、JGPに関する問い合わせは、 下記の窓口宛てにお願いいたします。

日本語生成パネル(JGP) Webサイト
http://j-gp.jp/

日本語生成パネルに関する各種問い合わせ先
日本語生成パネル事務局: info@j-gp.jp

参考情報

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ