メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANNの説明責任強化に向けた提案(第二版)に対し、
JPNICからのコメントを提出

2015年8月7日にお知らせした通り、 2015年8月3日(月)~9月12日(土)まで、 ICANNの説明責任向上に関するコミュニティ横断ワーキンググループ (Cross Community Working Group (CCWG) on Enhancing ICANN Accountability、以下CCWG-Accountability)により策定された、 ICANNの説明責任強化に向けた提案に対して、 ICANNによる意見募集が行われていました*1

JPNICはこの意見募集に対し、 以下の通りコメントを提出しましたのでお知らせします。

http://forum.icann.org/lists/comments-ccwg-accountability-03aug15/msg00026.html

要旨は、重要事項に関して、 新たに設立するコミュニティ代表体に対して理事会を優越する権限を与えることを骨子とする、 本提案に対して概括的な支持を示すとともに、 gTLDを中心とした重要資源の方針策定、 管理運営を担うICANNの、組織としての安定性、 方針策定の場へのオープンな参加、 コミュニティの意向を尊重した意思決定プロセスの維持と、 IANA機能の監督権限移管のプロセスを遅らせないことを求めるものです。

JPNICでは今後も本件の動向について、 適宜情報提供を行ってまいります。


*1 ICANN説明責任の強化に向けた提案(第二版)への意見募集について
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2015/20150807-01.html

参考

CCWG-Accountabilityに提出された意見の一覧
http://forum.icann.org/lists/comments-ccwg-accountability-03aug15/
提案概要および設問(原文)
https://www.icann.org/public-comments/ccwg-accountability-2015-08-03-en#brief

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ