メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

九州通信ネットワーク株式会社(QTNet)
一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)

IPv6対応セミナー(福岡)開催のご案内

去る1月26日に総務省から公表された「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会 第四次報告書」でも、 来たるIoT社会において、日本がフロントランナーとしてグローバルマーケットで優位に立つためにも、 「インターネットの源泉であるIPv6対応を、国家戦略の一環として位置づけ、 加速しなければならない」とされました。 そのため、2017年をIPv6利用拡大の取り組みの一つの重要な通過点とし、 モバイル分野のIPv6デフォルト化を具現化するため「IPv6 Mobile Launch」なども開催されます。

こうした状況の中で、もはやどの分野でもIPv6導入に関する知識は欠かせません。 そのため、IPv6に関する知識をこの機に広めようと、 このたび、九州通信ネットワーク株式会社とJPNICの主催で、 「IPv6対応セミナー」を福岡で開催する運びとなりましたのでご案内いたします。

セミナーの午前中には、IPv6に興味がある方を対象に、 あまり知られていないICT業界における「IPv6対応の最新動向」と、 企業のネットワーク担当として知っておくべきIPv6の基礎を解説します。

また午後には、 実際にネットワークやサーバを運用されている技術者に向け、 少人数制で実機を利用したデモンストレーションや演習形式の構築体験を無料で実施します。

講師はJPNICにおける「IPv6教育専門家チーム」のメンバーが務めます。 ぜひ多くの方にご参加いただくとともに、お取引先等へも、 適宜ご案内いただければ幸いです。皆さまのご参加をお待ちしております。

URL https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2016/20160204-01.html
日時と定員
2016年3月11日(金) 午前(講演) 10:00~12:00 70名
午後(構築体験) 13:30~17:30 16名
※終了後に希望者で懇親の場をもうけます。(実費参加)
会場 九州通信ネットワーク株式会社 本社 会議室
(地下鉄「天神」駅より徒歩2分)
http://www.qtnet.co.jp/annai/
主催 九州通信ネットワーク株式会社(QTNet)
<http://www.qtnet.co.jp/>
一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
<https://www.nic.ad.jp/>
後援 総務省(予定)
参加費 無料
プログラム 午前の部と午後の部にわけてお申し込みを承ります。

【午前(講演)】(10:00-12:00)
  IPv6インターネットの最新動向

タイムテーブル 10:00~10:10(10分)
開会のご挨拶
10:10~11:00(50分)
IPv6の最新動向と総務省ガイドラインのご紹介
講師:JPNIC IPv6教育専門家チーム/株式会社インテック 廣海緑里
11:00~12:00(60分)
IPv6入門
講師:JPNIC IPv6教育専門家チーム/NTTコミュニケーションズ株式会社 安田歩
対象者 IPv6に興味のある企業の方・対応を考えたい方(定員70名)
内容

午前の講演では、 IPv6対応におけるポイントをわかりやすく紹介します。 また総務省が策定した、 IPv6対応のガイドライン・調達仕様書も紹介します。

「IPv4枯渇による自社システムへの影響が知りたい」「IPv6導入を検討したいが、 どう検討、発注すればよいかわからない」「情報セキュリティが心配」などというIPv6に興味のある企業の方におすすめします。

【午後(構築体験)】(13:30-17:30)
  IPv6実践編:IPv6ネットワーク・サーバ構築体験

講師

JPNIC IPv6教育専門家チーム/ジュニパーネットワークス株式会社 中川源史

JPNIC IPv6教育専門家チーム/株式会社ブロードバンドタワー 許先明

対象者
  • IPv4ネットワーク、サーバの運用経験がある方
  • ルータやスイッチの運用経験がある人
  • Linuxの運用経験がある方(定員16名)
内容

前半でIPv6のネットワークを構築し、 その上で後半ではサーバを構築するデモンストレーションと構築体験です。

まず前半では、IPv6の実践的な設定ができるよう、 実機(仮想ルーター:NFVI)を利用した基礎的な内容のデモと演習を行います。 WindowsクライアントにIPv6アドレスを設定し、 実際のアドレス解決手順やIPv6での通信に障害がある場合のIPv4へのフォールバックを検証します。 その後、ルータを用いた、 ネットワークのIPv6設定について学びます。

後半では、仮想マシンとLinux(CentOS 6)を用いた、 各種サーバのIPv6設定について学びます。 参加者の興味に応じ、 どのサーバについて重点的に学びたいかでグループなどに分かれ、 演習を行っていきます。

参加申し込みURL

https://jpnic.smartseminar.jp/public/seminar/view/41

※上記のURLから2016年3月7日(月)までにお申し込みください。
※それぞれ定員となり次第締め切ります。ご了承ください。
※午前中と午後の対象者は異なるため、 「午前」「午後」にわけてお申し込みを承ります。 午後の構築体験については特に技術者を対象としています。
※午後の構築体験に参加される方は、 午前中の「IPv6入門」の知識があることが前提として進みます。 午前の部もあわせてお申し込みいただくことをおすすめします。

お問い合わせ先

IPv6対応セミナー 事務局<JPNIC内>
Mail: tech-seminar@nic.ad.jp
Tel: 03-5297-2311(月~金、10:00-18:00)

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ