メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)

ICANN67参加支援プログラム二次募集開始のお知らせ

ICANN67が遠隔参加のみとなったこと(https://www.icann.org/news/announcement-2020-02-19-en)に伴い、 本プログラムは中止いたします。 現地参加でしか得られない経験もあると考えました。 今回選ばれた方につきましては、 次回以降のICANN会議にご参加いただく予定です。 【2020年2月26日追記】

先日ご案内しました「ICANN67参加支援プログラム*」ですが、 下記の通り二次募集を開始しましたのでお知らせいたします。

* ICANN67参加支援プログラム応募受付開始のお知らせ
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2019/20191209-01.html

選考スケジュールと募集人数以外に、前回募集時からの変更はありません。 ご応募は2020年1月9日(木)18:00までお受けします。 熱意ある方からのご応募を引き続きお待ちしております。 詳細は下記をご確認くださいますようお願いいたします。

ICANN67開催概要

会期 2020年3月7日(土)~12日(木)
開催地 メキシコ・カンクン
主催 Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)
URL https://meetings.icann.org/en/cancun67

募集要項

JPNIC国際人材育成専門家チームによる書類選考の上、 支援する方を決定します。 選ばれた方には、旅費をはじめとした会議参加に必要な費用の補助、 会議に参加する上での参考情報の提供等を行います。

対象者

以下の条件をすべて満たす方

  • 日本国内に在住している
  • 応募締切日時点で18歳以上30歳以下
  • 過去5年間、他のICANN関連の参加支援プログラムの支援を受けていない

支援内容

  • ICANN67への参加にあたって必要となる以下の費用を全額補助。
    • 日本の最寄空港⇔開催地の往復航空運賃
    • 会期中の宿泊費
    • 参加報告会出席のための交通費(遠方の方のみ)
  • 会期中~帰国後におけるICANN会議に関する参考情報、助言等の提供。

募集人数

1~2名

応募方法

以下の書類を電子メールにてご送付ください。

応募書類
  1. 履歴書
    英検、TOEIC、TOEFLなど、語学に関する資格や、過去あるいは現在、 研究活動や業務などで英語を使用した/している経験、 あるいはそれに類する経験をお持ちの方は、資格欄や、 その他自己PR欄等に積極的にご記入ください。
  2. 応募動機(400字程度)
    以下よりご自身のお気持ちにもっとも近いものを選択し、 なぜICANN67に参加したいのか、 ICANN67に参加した経験を今後どのように生かしたいと思っているのかをお知らせください。
    1. マルチステークホルダーでの議論の場を経験したい
    2. ASO/ccNSO/GNSO/ALAC/SSAC/RSSAC/GACでの議論について知りたいものがある
    3. その他
  3. 小論文(600~800字程度)
    以下より一つテーマを選び、自由に論じてください。
    1. 私とインターネット
    2. インターネットの未来
    3. インターネットと世界
    4. インターネット資源における課題

※ご応募いただく個人情報は、本プログラムの選考、 および選出された場合にはその後の航空券や宿泊施設の手配に使用いたします。

送付先

ICANN67参加支援プログラム事務局(JPNIC内)
fellowship-apply@nic.ad.jp

応募締切

2020年1月9日(木)18:00

選考方法

ご提出いただいた書類の内容に基づき、 JPNIC国際人材育成専門家チームが選考を行います。

結果発表

ご応募いただいた方全員に、 2020年1月9日(木) 18:00までに選考結果をご連絡いたします。 選出された方には、 2020年1月16日(木) 18:00までに最終的な参加/不参加のご意思を表明していただきます。

事後提出資料と報告会

本プログラムの支援を受けてICANN67に参加された方は、 2020年3月31日(火)までに参加報告書(2種類)をご提出いただきます。

  1. ドキュメント形式(A3 3枚以上)
  2. プレゼンテーションファイル形式

また、2.のプレゼンテーションファイル形式の報告書を用いて、 2020年4月に東京で開催予定の参加報告会にて、 10~15分程度の発表をしていただきます。 参加報告書はWebにて公開いたします。

ご応募いただく方へのお願い

  • 最終的な参加表明をされた後の辞退はできません。 また、代理の方にご参加いただくことはできません。 選ばれた場合に、ご本人が全日程ご参加可能な方のみご応募をお願いいたします。
  • フライトおよび宿泊先の手配は、事務局にて行います。 航空会社や便名、ホテルの指定はできません。 あらかじめご了承ください。

今後のスケジュール

2020年1月9日(木) 応募締切
1月17日(金) 応募者に結果通知
1月23日(木) 最終的な参加表明期限
3月6日(金) 日本発⇒メキシコ着
※航空便の空き状況および費用等の事情により、 1日程度前後する可能性があります。
3月7日(土)
~12日(木)
ICANN67に参加
3月13日(金) メキシコ発⇒日本着
※航空便の空き状況および費用等の事情により、 1日程度前後する可能性があります。
3月31日(火) 参加報告書提出期限
4月(予定) 第57回ICANN報告会
※選出された方には、参加報告の発表をしていただく予定です。 日程は関係者の都合により多少前後する可能性があります。

協賛

ICANN64 ローカルホスト委員会
https://www.icann64.jp/icann64lhc/
2019年3月のICANN64神戸開催に際し、ICANNコミュニティの歓迎、 およびグローバルなインターネット基盤の運営に向けた貢献をオールジャパンで実現するために、 関係企業、関連団体、行政等が一体となって設立しました。 構成組織は上記Webページでご確認いただけます。 ICANN64閉幕後に解散する際、 剰余金をJPNICが運営する本プログラムに拠出することを決定しました。

2019年度 JPNIC 国際人材育成専門家チーム

メンバー
(五十音順)
北村 泰一 (APAN-JP)
高下 誠治 (有限会社Takaエンタプライズ)
高松 百合 (株式会社日本レジストリサービス)
谷崎 文義 (西日本電信電話株式会社)
担当理事 石田 慶樹 常務理事
活動内容
  • 国際会議に参加する国内の若手技術者・研究者に対する各種支援活動
    • 本支援プログラム応募者の選考
    • 会議に参加したことがある者としての助言の提供
      • 事前の情報交換会 会期中および会期中の日本からの参加者との交流会
      • 参加報告会
  • その他、本支援プログラムの運営に必要な活動(広報活動など)

参考情報

インターネット用語1分解説:ICANNとは
https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/icann.html
ICANN情報
https://www.nic.ad.jp/ja/icann/
日本におけるインターネット資源管理の歴史
https://www.nic.ad.jp/timeline/20th/
第56回ICANN報告会講演資料
https://www.nic.ad.jp/ja/materials/icann-report/20191213-ICANN/
※先月カナダで開催された前回のICANN会議の内容等がご確認いただけます。

お問い合わせ先

ICANN67参加支援プログラム事務局(JPNIC内)
fellowship-apply@nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.