メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Recent security update and reverse DNS lookup failures
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新 2005年11月1日

この文書は
http://www.apnic.net/mailing-lists/apnic-announce/archive/2005/10/msg00003.html
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。

JPNICからの補足:
こちらはJPNICアナウンス「逆引きネームサーバ障害の原因と対策について」 ( http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2005/20051028-01.html) と同様の障害に関する、APNICからのアナウンスです。


2005年10月28日

先日実施したセキュリティ更新プログラムの適用作業
および逆引きDNSの障害について

関係者各位

 APNICは日本時間2005年10月22日(土)午前 9:30、 APNICサーバのセキュリティ更新プログラムの適用作業を実施いたしました。

 誠に遺憾ながらこれにより、 APNICの共有アドレスプールにおける逆引きゾーンデータのエラーが発生いたしましたことをご報告申し上げます。 なお、その他の逆引きゾーンデータへの影響はありませんでした。

障害の詳細

  • 2005年10月23日午前1:30から午後9:30にかけて、 日本および韓国の一部ネットワークに対し、 逆引きDNSの検索に対する解決が行われませんでした。
  • 2005年10月23日午前1:30から2005年10月24日午前0:00にかけて、 ARINのサーバに登録されている逆引きDNSゾーンのうち、 APNIC管理下のERX空間(※訳注)に対する解決が行われませんでした。

障害の原因

  • 土曜日に実施したセキュリティ更新プログラムの適用作業が、 APNICの共有プールアドレスにおける逆引きゾーンデータにエラーをもたらしました。
  • これにより、一部逆引きDNSゾーンの委譲が正しく行われない結果となりました。

 これら逆引きDNSの障害によりご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。 すでにこの障害への対応は完了しており、また、今後の防止に向けて、 システムおよび業務手順の見直しを行っております。

参考情報

 最近および今後のシステム更新に関する情報は以下のURLからご確認いただけます。

http://www.apnic.net/info/maintenance/

 また、共有アドレスプールにおける逆引きゾーンデータに関する詳細は、  APNIC文書"Operational policies for National Internet Registries in the APNIC region"の3.4.1項をご参照ください。

http://www.apnic.net/docs/policy/operational-policies-nirs.html#3.4.1

APNICテクニカルサービスマネージャ Sanjaya
電子メール:sanjaya@apnic.net
電話:+61 7 3858 3100
FAX :+61 7 3858 3199

(※訳注) ERX (Early Registration Transfer) 空間:
割り当てがAPNIC設立前に行われた等の理由によりARINの管理下にあったが、 2004年4月までにAPNIC管理下に移管されたIPアドレス空間。 当該空間の一覧は
http://www.apnic.net/db/erx/erx-completed-ip-ranges.txt
より参照可能。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.