メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

São Paulo Communiqué: Inaugural Council Meeting
翻訳文

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新2015年7月10日

この文書は2015年6月30日に公開された
https://www.netmundial.org/blog/secretariat/s%C3%A3o-paulo-communiqu%C3%A9-inaugural-council-meeting
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、 その品質に責任を負いません。

サンパウロコミュニケ(日本語訳)

2015年6月30日

グローバルなインターネットのステークホルダーから構成される多様性のあるグループであるNETmundial Initiative(以下「Initiative」)の調整評議会(以下「評議会」)が2015年6月30日、 ブラジル、サンパウロにて設立会合を開催しました。 この会議は、オンライン中継され、遠隔参加可能とされた上で、 これまでの活動や進捗を確認しつつ、主要文書を採択し、 次のステップについて議論が行われました。

評議会は、 グローバルなインターネットコミュニティとともに進められた4ヶ月におよぶ検討作業を経て、 Initiativeの運営規約(ToR)を正式に採択しました。 基礎となるこの文書は、 2014年4月のNETmundialサンパウロ会合の協調的な精神をさらに推し進めることの重要性を認識しています。 同会合の成果文書は、 世界中の政府、民間セクター、市民社会、 技術および学術コミュニティに対してインターネットガバナンス諸課題への取り組みを要請していることで知られています。 同ドキュメントはさらに、 幅広いインターネットガバナンスエコシステムにおけるInitiativeの活動内容や活動目的およびその役割に加え、 その論理的な根拠や公約についても説明しています。

評議会はインターネットガバナンスフォーラム(IGF)の活動を補完し、 実践的な支援を行うことの重要性を認識しています。 評議会はまた、IGFの継続の支持、ならびに、 「2015年以降の人間本位の包括的かつ開発志向の情報社会」という世界情報社会サミット(WSIS)のビジョンを実現させるために、 あらゆるステークホルダーと協力することについての支持を表明しました。

ToRは、「インターネット諸課題に対処するため、 およびNETmundial原則とロードマップの実施を進めるために、 全ステークホルダー間の実践的な協力を媒介するためのプラットフォームを提供する」と、 Initiativeの使命を示しています。

Initiativeの活動の範囲は現在六つの活動から構成されています。 すなわち、NETmundial原則の実現を推進すること、 中立なクリアリングハウスとしての役割を果たすこと、 協調プラットフォームを提供すること、 専門性のあるコミュニティ構築を支援すること、 インターネットガバナンスへの参加を容易にすること、そして、 能力開発の活動を支援すること、です。 さらにInitiativeは政策立案主体にはならないことを活動の範囲で示しています。

このゴールに向けた最初のステップとして評議会は、 「NETmundial協調プラットフォーム」を通じて提示されたプロジェクト提案を支援する方策案の実施を進めていきます。

評議会は評議会およびそのメンバーの役割、責務、 そして作業方法の詳細を示す、 ガバナンスと運用のフレームワークを採択しました。 評議会はまた、 これらの文書を幅広いコミュニティからのインプットを反映させるために定期的にアップデートすることに合意しました。 これらの活動は、 グローバルなインターネットコミュニティのニーズと連携して進められます。

今回の設立会合では、 Initiativeの以下の二つの活動がレビューされ、支持されました。

  1. インターネットガバナンス諸問題に関する情報の共有や協力をサポートするために設計されたツールである、 NETmundialソリューションマップ(以下、「マップ」)のβ版。 マップは多様なグローバルステークホルダーからのインプットを確実に反映させるための9ヶ月に及ぶ取り組みおよび開発戦略の集大成であり、 既にこの中に盛り込まれる要素を募集するために公開されています。 現在Initiativeの運営パートナー1がマップ構築のための資金提供を行っています。
  2. インターネットガバナンスに関する提案のための協調、 協力および要請を支援するための場として構築される、 「NETmundial協調プラットフォーム」のβ版。

設立会合では3番目の活動案が提示され、 今後さらに検討される予定です。 これは、ブラジルインターネット調整委員会(CGI.br)による計画で、 各地のマルチステークホルダーによるインターネットガバナンス体制の構築に関するベストプラクティスを共有するためのものです。 この活動は、発展途上国のコミュニティ、政府、 およびサービスが行き届いていないステークホルダーのための人材育成の取り組みをサポートすることを目指しています。

評議会はまた、オープンで透明性のあるプロセスを通じて、 投票とその後の検討の結果、 ラフコンセンサスによって以下5名の議長を選びました。

  • Virgílio Almeida, Secretary for Information Technology Policy of the Ministry of Science, Technology and Innovation of Brazil and chair of the Brazilian Internet Steering Committee
  • Fadi Chehadé, President and CEO, Internet Corporation for Assigned Names and Numbers
  • Eileen Donahoe, Director of Global Affairs, Human Rights Watch
  • Jack Ma, Founder and Executive Chairman, Alibaba Group
  • Marília Maciel, Center for Technology and Society, Rio de Janeiro Law School of the Getulio Vargas Foundation

評議会は、2016年の6月に終了する設立年度は、 あらゆる活動を通じて、包括的、 効果的かつ革新的な関与と参加を推し進めることを目指すInitiativeの発展にとって、 重要な時期であることを認識しています。 最初の1年間については、InitiativeはCGI.br、ICANNおよび、 世界経済フォーラム(WEF)から資金援助を受けることになります。

評議会は次の会合に最も適した日程と開催場所を検討するよう、 議長に要請しました。

私たちは、Initiativeを進めていくために、 ともに作業に取り組んでいただける、 グローバルなインターネットコミュニティによるインプットや関与を求めています。

会議参加者

評議会メンバー

  • Jean-François Abramatic, Senior Scientist, Inria France (遠隔参加)
  • Pablo Bello Arellano, Secretary General, Association of Latin American Telecom Operators
  • João Carlos Caribé, Policy Manager, Movimento Mega - Counselor Civil Society/LAC
  • Fadi Chehadé, President and CEO, Internet Corporation for Assigned Names and Numbers
  • Eileen Donahoe, Director of Global Affairs - Human Rights Watch
  • William Drake, International Fellow and Lecturer in the Institute of Mass Communication and Media Research at the University of Zurich (遠隔参加)
  • Anriette Esterhuysen, Executive Director, Association for Progressive Communications
  • H.E. Mr. LU Wei, Minister of Cyberspace Administration of the People's Republic of China
  • Jack Ma, Founder and Executive Chairman, Alibaba Group
  • Marília Maciel. Center for Technology and Society - Rio de Janeiro Law School of the Getulio Vargas Foundation
  • Akinori MAEMURA, General Manager, Internet Development Department, Japan Network Information Center (JPNIC)
  • Andile Ngcaba, Chairman and Founder, Convergence Partners
  • Ian Peter, Technology and Policy Strategist; Participating in Personal Capacity
  • Dr. Jim Poisant, Secretary General, The World Information Technology and Services Alliance (WITSA)
  • Nii Quaynor, Professor of Computer Science, University of Cape-Coast, Ghana
  • Richard Samans, Head of the Centre for the Global Agenda, Member of the Managing Board, World Economic Forum
  • Christoph Steck, Director Public Policy & Internet, Telefonica
  • Jean-Jacques Subrenat, European Regional At-Large Organization

代理出席した評議会メンバー

  • Carlos Alberto Afonso, the Brazilian Internet Steering Committee; Representing Virgílio Almeida, Secretary for Information Technology Policy of the Ministry of Science, Technology and Innovation of Brazil and chair of the Brazilian Internet Steering Committee
  • Juan Pablo Altmark, Data Privacy Specialist; Representing Juan Cruz Gonzalez Allonca, National Director for Personal Data Protection, Ministry of Justice and Human Rights, Argentina (遠隔参加)
  • Hartmut Glaser, Executive Secretary of the Brazilian Internet Steering Committee; Representing Virgílio Almeida, Secretary for Information Technology Policy of the Ministry of Science, Technology and Innovation of Brazil and chair of the Brazilian Internet Steering Committee
  • Manal Ismail, Executive Director for International Technical Coordination at the National Telecom Regulatory Authority (NTRA) of Egypt; Representing Khaled Negm, Minister of Communications and Information Technology of Egypt (遠隔参加)
  • Constantijn van Oranje-Nassau, Advisor, European Commission; Representing Andrus Ansip, European Commission Vice-President for the Digital Single Market
  • Lawrence E. Strickling, Assistant Secretary of Commerce for Communications and Information, U.S. Department of Commerce; Representing U.S. Secretary of Commerce, Penny Pritzker

その他

  • Wolfgang Kleinwächter, Special Ambassador of the NETmundial Initiative
  • Janis Karklins, Chair, Multi-Stakeholder Advisory Group, Internet Governance Forum

現地参加オブザーバー

  • Cristiana Gonzalez, Project Coordinator, Local Actions for Internet Rights (APC-LASIR)
  • Javier Pallero, Policy Analyst, Access Now
  • Patrick Penninckx, Head of the Information Society Department, Directorate General of Human Rights and the Rule of Law, Council of Europe
  • Bruno Ramos, Regional Director for the Americas, ITU
  • Thiago Tavares, Chairman of Safernet and member of the Board of CGI.br
  • Percival Henriques, Chairman of the Brazilian National Association for Digital Inclusion (ANID) and member of the Board of CGI.br
  • Jandyr Ferreira dos Santos Jr., Head of the Information Society Division of the Ministry of External Relations of Brazil

注:この他に80名以上のコミュニティメンバーが遠隔参加しました。

NETmundial Initiativeについて

NETmundial Initiativeは、インターネットに関する問題への取り組みと、NETmundialの原則およびロードマップの実現の推進を目指して、すべてのステークホルダー間の実践的な協調を実現させるためのプラットフォームを提供します。 更なる詳細はwww.netmundial.orgをご参照ください。


1. ICANN、cgi.br、WEFの三者を指します。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.