メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

Biggest Expansion in gTLDs Approved for Implementation
翻訳文

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
最終更新2008年7月15日

この文書は2008年6月26日に公開された
http://www.icann.org/en/announcements/announcement-4-26jun08-en.htm
を翻訳したものです。
JPNICはこの翻訳を参考のために提供しますが、その品質に責任を負いません。

参考資料:「JPNIC News & Views vol.556【臨時号】TLDの新設についての誤解


2008年6月26日

これまでで最大数のgTLDの追加に向けた実施計画の策定を承認

 フランス、パリ:ICANN理事会は、本日、ある勧告を受け入れました。 これにより、 インターネットアドレスシステムにあらゆる種類の新たなドメイン名が追加されることとなる可能性があります。

「理事会は、本日、世界中のステークホルダーからの勧告を受理しました。 これは多くの新たなドメイン名をインターネットに追加し、 ドメイン名の選択肢および機会の拡大に向けた道を開く可能性があるものです」 と、ICANN事務総長兼CEOである、Paul Twomey氏は述べました。

 実施計画の最終版は、 新たなプロセスが開始される前にICANN理事会による承認を要します。 最終版は2009年の早い段階で発行される予定です。

「可能性は非常に大きい。 それは人々にとってインターネット上で自分自身を表現するための全く新しい方法となります」と、 Twomey氏は言いました。 「インターネット上の『不動産』の大幅な増加です」

 現在、ユーザーが選択できるのは、 おなじみの.com, .org, .infoといった 21の限られたトップレベルドメイン名です。

 この提案によって、新たなドメイン名を申請する者は、 自身の顧客に最適な、 または最も市場価値を有する可能性のあるドメイン名を、 自ら選択することができるようになります。 申請者は、(「.ブランド名」や「.個人名」のような一般的な文字列と同様に、) (既存の)旅行業界向けの.travelやカタルニアコミュニティ向けの.catのような、 ターゲットとされるコミュニティの文字列を申請することが予想されます。 .nyc(ニューヨーク市向け)、.berlin 、および.parisのように、 都市ベースのトップレベルドメイン名の設置を希望する共同体がすでにあります。

「今回拡張されるシステムが世界の言語面での拡大をサポートする予定であることも、その胸躍る未来を物語る一例です」と、 ICANN議長のPeter Dengate Thrush氏は言います。 「これはアジア、中東、東欧、およびロシアのインターネットの未来にとって非常に重要となります」 現行制度では37のローマ字しかサポートしていません。

 実装計画が承認された上で、 新たなドメイン名の申請が2009年第2四半期に可能となるよう計画されています。

このプロセスに関するFAQ

1. これらの新しいドメイン名は売られるのですか?

 ICANNは新たなトップレベルドメイン名を「売る」のではありません。 まず世界中の著名組織からの申請を受け付け、 その内容を評価する期間が設けられます。 この第一次申請期間終了後、 ほどなく追加申請の受付を開始する予定です。

2.どうすれば他者が自分のブランド名を登録するのを防ぐことができますか?

 商標が自動的に予約されることはありません。 しかし、商標権者からの保護を求める主張に配慮して、 異議申し立ての仕組みが取り入れられます。

3. この提案はどのようにして作成されましたか?

 ICANNには、 プロセス策定の基礎となるマルチステークホルダーポリシー策定プロセスがあります。 この提案の作成にはドメイン名産業、商標弁護士、ビジネス部門、 ユーザー、政府、および技術者との協議が含まれます。

4. 有害なドメイン名はどのように防がれますか?

 有害なドメイン名は公序良俗に基づく異議申し立てベースのプロセスを受けることがあります。 このプロセスは、 多くの国際協定の条項に書かれた基準を利用する国際仲裁機関によって行われます。 ICANNはこれらの異議申し立ての意思決定者にはなりません。

5. 開始予定は?

ICANNは2009年第2四半期の申請受付開始に向けて準備を進めています。

ICANNについて

 ICANNは(.org、.museumおよび.ukのような国コード等の) ドメイン名といった一意な識別子によるインターネットのシステムや、 コンピュータがインターネット上で互いに到達する助けとなるさまざまなインターネットプロトコルで使用されているアドレスに関するグローバルな調整について責務を負っています。 インターネットの運用にはこれらの資源の注意深い管理が不可欠であるため、 ICANNのグローバルな利害関係者はインターネットの継続的な安全性や安定性を保障するポリシー策定のために定期的に面会しています。 ICANNは国際的に組織された非営利法人です。 詳細については www.icann.orgをご覧ください。

メディア対応窓口

Jason Keenan
ICANN(米国)
メディアアドバイザー
電話: +1 310 382 4004
電子メールアドレス: jason.keenan@icann.org

International: Andrew Robertson
Edelman(ロンドン)
電話: +44 7921 588 770
電子メールアドレス: andrew.robertson@edelman.com

ICANNからのアナウンス(2008年6月26日)

"Biggest Expansion in gTLDs Approved for Implementation"

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ