メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

ASOとは

「ASO (Address Supporting Organization)」とは、 ICANNに設置されている三つの支持組織(Supporting Organization, SO)のうちの一つで、 IPアドレスに関してICANN理事会に助言を行う組織です。

IPアドレス、AS番号といった番号資源は、 五つの地域インターネットレジストリ(Regional Internet Registry, RIR)が、 それぞれの地域において登録管理を行い、管理方針(アドレスポリシー)の策定を行っています。 それらRIRによる管理に加え、 現在ICANNの一部局であるIANA (Internet Assigned Numbers Authority)が、全体の台帳管理を行い、 RIRに対して大きなブロック(IPv4の場合/8単位、IPv6の場合/23など)の割り振りを行っています。

このIANAにおけるIPアドレス管理のポリシー(グローバルポリシー*1と呼ばれます)をICANN理事会に具申するのがASOの主な役割であり、 その具申はASOに設置されたアドレス評議会(Address Council, AC)の議決により行われます。

しかしながら、IPアドレス管理に興味を持ち、ポリシー策定の主体となるコミュニティは、 ICANNではなく五つのRIRに形成されています。このため、以下のような工夫がなされています。

まず、グローバルポリシーの検討は、RIRにおける他のアドレスポリシーと同様に、 各RIRのアドレスポリシーフォーラムで行われます。そして、すべてのRIRフォーラムでコンセンサスに至り、 さらにACが確認し承認したものが、グローバルポリシー提案としてICANN理事会に具申されます。

またASOは、ICANNが直接運営する形式を取らず、 五つのRIRの連合組織であるNumber Resource Organization (NRO)が、 ASOの役割、責任、機能を遂行しています。これは2004年にICANNとNROとの間で結ばれた、 ICANN Address Supporting Organization (ASO) MoU*2で定められています。 このMoUにおいてASOのACは、 NROに設置されるNumber Council (NC)のメンバーによって構成されることも定めています。

ASO AC (NRO NC)は五つのRIRから3名ずつ、計15名で構成されます。 グローバルポリシーの具申以外の役割には、RIR新設に関するICANN理事会への助言、 ICANN理事会に対する2名の理事の選定などがあります。

*1 インターネット用語1分解説「グローバルポリシー(global policy)、地域ポリシー(regional policy)とは」
  https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/global-policy_regional-policy.html

*2 ICANN Address Supporting Organization (ASO) MoU
  https://www.nro.net/documents/icann-address-supporting-organization-aso-mou

JPNIC News & Views vol.1380(2016年2月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。