メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

Bogonとは

「bogon」とは、インターネットの経路制御において、 広告可能アドレスとして登録されていないアドレスブロックやAS番号を指し、 ルーティングテーブル(経路表)(*1)に本来現れるべきではない経路情報を「bogon経路」と言います。

bogon経路には、 IANAによる割り振りが行われていない未割り振りIPアドレス、プライベートIPアドレス、 IANAが予約しているIPアドレスなどが含まれているため、常に決まった経路とは限りません。 予約アドレスなどはIETFの議論によって変更される可能性もあり(最近ではRFC 5735~5737が発行されました)、 また、インターネットレジストリのIPアドレス割り振り状況によっても、 bogonとされる経路は常に変化します。

RIPE NCCやAPNICなどのRIR(地域インターネットレジストリ)(*2)では、 過去にbogon経路とされたIPアドレスブロックを新規に割り振る場合、 その到達性を確認する取り組みが継続して行われています。

The Bogon Reference
http://www.team-cymru.org/Services/Bogons/

de-bogon project
http://www.ris.ripe.net/debogon/

(*1) http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glos-ka.html#12-routingtable
(*2) http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glos-ta.html#14-tiikirejisutori

JPNIC News & Views vol.725(2010年3月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ