メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

CDNとは

CDNとは「Content Delivery Network」の略です。同一のコンテンツを、 多くの配布先、例えば多くのユーザーの端末に効率的に配布するために使われる仕組みです。

手法としては、 まず配布先に近いネットワーク(カスタマーエッジと呼ばれます)に、コンテンツを配布するサーバ(ここではエッジサーバと呼びます)を接続します。 次にあらかじめエッジサーバに、配布するコンテンツのコピーを置いておきます。 最後に、ユーザーがコンテンツにアクセスする時には、ネットワーク的に最も近いエッジサーバに誘導します。

ユーザーの視点では、レスポンスが早く、そしてダウンロードが速くなります。 コンテンツ提供者の視点では、オリジナルファイルを置いているサーバ(オリジンサーバと呼ばれます)へのトラフィック集中が避けられる、 サービスの耐障害性を高められる、といったメリットがあります。

具体的にはソフトウェアのバージョンアップに伴うファイルの配布、 動画の配信などに使われています。

JPNIC News & Views vol.1592 (2018年5月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.