メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

ポート番号とは

ポート番号とは、TCP/IP通信において、 コンピュータが通信に使用するプログラムを識別するための番号です。
ポート番号は16ビットの整数であり、 0番~65535番まであります。

TCP/IP通信においては、 IPアドレスがあればネットワーク上のコンピュータを一意に識別することができますが、 該当コンピュータのどのプログラムに通信パケットを届けるかは、 IPアドレスだけでは決定できません。 どのプログラムに通信パケットを渡すのかを決定するために、 ポート番号を使用します。

例えば、クライアントがHTTPを使って通信する際は、 該当サーバのIPアドレスとポート番号80番を指定してパケットを送ります。 ここで、ポート番号80番を指定するのは、HTTPのサーバは、 80番ポートでパケットを待っていることが多いためです。 サーバ側では、80番ポートが宛先となっているパケットが届くと、 事前に指定しておいたそのポート宛のパケットを処理するプログラム(ApacheやIISなど)が動き、 パケットの中身を処理します。

上記のような仕組みにより、クライアントからのパケットを受け取ったサーバは、 宛先のポート番号が80番であることからWebサービスを提供すれば良いことがわかり、 適切なプログラムで処理を行うことができます。 また、サーバがクライアント端末にパケットを返す時にも、 そのクライアント端末のIPアドレスとポート番号を指定して通信を行います。

このように、TCP/IPネットワーク上でコンピュータ同士が通信を行う際には、 IPアドレスとポート番号をセットで用いて通信を行います。

ポート番号には、下記のような三つの種別があります。

上記のうち、WELL KNOWN PORT NUMBERSは、使用目的が定められたポート番号であり、 Internet Assigned Numbers Authority(IANA)が管理しています。 先ほど例に挙げたポート番号80番も、このWELL KNOWN PORT NUMBERSに該当します。 REGISTERED PORT NUMBERSに関しては、IANAが登録を受け付け、公開しています。 DYNAMIC AND/OR PRIVATE PORTSについては、誰でも自由に使用できるポートとして開放されています。 なお、ポート番号の一覧はIANAのWebサイトで見ることができます。(*)

実際に通信を行う際には、上記の種別を踏まえた上で、 通信プログラムの性質に応じて柔軟にポート番号を使用します。

(*)IANA Matrix : Port Numbers
  http://www.iana.org/assignments/port-numbers

JPNIC News & Views vol.498(2007年11月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。