メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ルートゾーンLGRとは

ルートゾーンLGR (Root Zone Label Generation Rules、ルートゾーンラベル生成ルール)とは、DNSのルートゾーン、 すなわちトップレベルドメイン(TLD)空間に関するルールで、 TLDで国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name, IDN)を利用する際に、 ドメイン名として利用できる文字列(レベル)を規定するためのルールです。

ICANNの新gTLDプログラムにより、 gTLDでもIDNの利用が可能となりましたが、 すでに多くの実績がある日本語ドメイン名や中国語ドメイン名などといった国や地域単位で利用されるccTLDでのIDNとは異なり、 IDNを利用したgTLDでは、 さまざまな言語やスクリプト(用字、 文字の種類)が混在することになります。 その中には、異体字と呼ばれる、文字の形は異なっているものの、 言語的・文化的には同じ文字として扱われるものが存在しています。

例えば、漢字の「国」と「國」は、 日本語では異なる文字として扱われることが一般的ですが、 中国語圏では同一の文字として扱われます。 そのため、ccTLDのIDNにおいては、 日本語ドメイン名では「中国」と「中國」は別ドメイン名として扱われていますが、 中国語ドメイン名では両者は同一のドメイン名として扱われます。 また、「机」と「機」、「葉」と「叶」などのように、 日本語では意味すら異なる文字が、 中国語圏では同じ文字として扱われる例もあります。

このような扱いの違いはccTLDに閉じている間はそれほど問題になりませんが、 gTLDのようにあらゆる人々が利用する空間で使われる場合には、 世界的に統一されたルールがないと混乱が生じてしまいます。 また、異なる文字種間などにおいて、 例えばカタカナの「ニ」と漢数字の「二」のように、 違う文字なのに混同するくらい似た文字もあり、 ラテン文字の「o」とよく似たギリシア文字のオミクロンなど、 TLDレベルではさらにその懸念がある組み合わせが広がります。 混乱を防ぐためには、 文字種を混合して使わないなどのルールを定めておく必要があります。 さまざまな言語やスクリプトが混在する中で、 TLDの文字列(ラベル)として利用可能なものを規定するルールが、 ルートゾーンLGRです。

ルートゾーンLGRの作成にあたっては、 まずは各言語やスクリプトごとに、 それを用いるコミュニティごとに設立された生成パネル(Generation Panel, GP)により、 その言語や用字においてどの文字が利用可能かや、 どの文字を異体字にするかなどのラベル生成ルールを作成します。 そうやって各GPによって作られたルールは、 ICANNの統合パネル(Integration Panel, IP)によって、 それぞれのルールが矛盾しないように整合性を持たせた形で統合作業が行われ、 最終的に単一の統合されたラベル生成ルールであるルートゾーンLGRとなります。

ICANNによるIPが2013年に設立された後、 日本語ラベルのルールを検討するための日本語生成パネル(Japanese Generation Panel, JGP)は、2015年2月に設立、 翌3月にICANNから承認されました。 JGPでは、 同じく漢字圏のGPである中国語生成パネル(CGP)や韓国語生成パネル(KGP)、 ICANN IPと連携しながら、 日本語ラベル生成ルール(日本語LGR)に関する検討を行っています。

参考

Root Zone LGR Project
https://community.icann.org/display/croscomlgrprocedure/Root+Zone+LGR+Project
日本語生成パネルWebサイト
http://j-gp.jp/
トピックス:日本語LGR提案書ドラフト(v0.15)をICANN関係者に共有
http://j-gp.jp/topics/20201015-01

JPNIC News & Views vol.1809 (2020年11月16日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.