メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

逆引きネームサーバの適切な設定に関するお知らせ

取り組みの対象

 IPv4アドレスまたは IPv6アドレスの割り振り・割り当て情報のネットワーク情報中で、 p. [ネームサーバ](または[ネームサーバ])に登録されたネームサーバに対して、 適切に設定されているかどうかの確認を行います。

(ご注意)IPv6アドレスでは、 割り振りアドレスに関するネットワーク情報(割り振り情報)と、 その割り振りアドレスから割り当て・再割り振り・再割り当てを行ったアドレスに関するネットワーク情報のそれぞれにネームサーバが登録されている場合、 割り振り情報に登録されたネームサーバを対象に調査を行います。

実施方法

  1. 対象となる逆引きネームサーバに対して、 以下の基準に沿って適切に設定されているかどうかの確認を1日1回実施します。
    • UDPポート53番へのDNSクエリに回答すること
    • 委任されたゾーンのSOA問い合わせに対して、ネームサーバからSOAレコードの回答があること
    • SOAレコードについての問い合わせの回答が、Authoritative Answer(権威つき回答)であること
  2. JPNICでは、 該当するネームサーバが持つ逆引きゾーンが15日間継続してlame delegationの状態である場合に、 誤検知・ネットワーク障害・一時的なサービス停止などによるものではなく、 定常的にlame delegationの状態にあるネームサーバと判断します。 ネットワーク情報に登録されたネームサーバが持つ逆引きゾーンが、 lame delegationの状態であると判断される場合には、 該当する割り振り・割り当て情報に技術連絡担当者として登録された担当グループ(担当者)情報中の電子メールアドレス宛に通知します。
    (ご注意) ネットワーク情報に登録されたネームサーバに対象となる逆引きゾーンが複数あり、 かつ、適切に設定されていない逆引きゾーンが複数ある場合には、 15日よりも前に電子メールによる通知が行われる場合があります。
  3. 45日間連続でlame delegationの状態にあることが確認された場合には、 当該ネームサーバへの逆引きゾーンの委任を停止します。 また、JPNIC WHOISにはlame delegationの状態にあるネームサーバである旨を表示します。
    (ご注意) ネットワーク情報に登録されたネームサーバに対象となる逆引きゾーンが複数ある場合には、 45日よりも前にJPNIC WHOISでの表示が行われる場合があります。
  4. 逆引きゾーンが正しく設定されていることをJPNICで確認した場合、 当該逆引きゾーンの委任が再開されます。
タイムテーブル
タイムテーブル

WHOISでの表示例

 lame delegationの状態が一定期間続いたことにより、 逆引きゾーンの委任が停止された場合、 JPNIC WHOISでは以下の例のように表示します。 ネームサーバの設定を修正する、もしくは、 ネットワーク情報に適切に設定されたネームサーバを登録することで、 WHOISには表示されないようになります。

* JPNIC WHOISでの表示例
Network Information: [ネットワーク情報]
a.[IPネットワークアドレス]      192.0.2.0/24
b.[ネットワーク名]              SUBA-001-AB2
f.[組織名]                      XYZ インターネット
g.[Organization]                XYZ Internet
m.[管理者連絡窓口]              AB012JP
n.[技術連絡担当者]              XY987JP
p.[ネームサーバ]                ***LAME***_test-a.example.ad.jp_2006/9/12
p.[ネームサーバ]                test-b.example.ad.jp
[備考]                          ***LAME***と表示されているネームサーバが適切に設定されていません。
[備考]                          http://www.nic.ad.jp/ja/dns/lame/about.html をご覧のうえ、このネームサーバの
[備考]                          設定を再度ご確認ください。ネットワーク情報中で、一部の逆引きゾーンのみが
[備考]                          適切に設定されていない場合にも***LAME***と表示されます
[割当年月日]                    2007/06/01
[返却年月日]
[最終更新]                      2007/06/01 14:46:41(JST)
              

電子メールによる通知の内容

 lame delegationの状態であることが疑われる場合にJPNICから電子メールをお送りします。 お送りするメールの内容は以下をご確認ください。

割り当て先組織への電子メール

割り振り先組織(IPアドレス管理指定事業者)への電子メール

lame状態

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。