メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

新gTLDの募集

2000年に初めて新gTLDが募集されて以降、 現在までに3回にわたり新しいgTLDが導入されています。

従来からあるgTLDを含む、現時点でのgTLDの一覧については、 「gTLD一覧」のページをご覧ください。

2000年に実施された第1回の新gTLD募集

第1回の募集は試験的な実施(proof of concept)という位置付けで、 限られた数のgTLDが募集されました。 47の組織から応募があり、最終的に以下の七つのgTLDが承認されました。

biz、info、name、pro、museum、aero、coop

2003年に実施された第2回の新gTLD募集

第1回と違い、第2回の応募では、 特定のコミュニティを代表する組織が支持母体(スポンサ組織)となり、 そのスポンサ組織により登録ポリシー等が作成され、 業界・分野内に運用が制限されるgTLD(スポンサ付きTLD:sTLD)のみに対象を限定して、 募集が行われました。10の組織から応募があり、最終的には以下の八つのgTLDが承認されました。

jobs、travel、mobi、cat、tel、asia、xxx、post

2012年に実施された第3回の新gTLD募集

それまでの2回の募集は、 比較的簡単な募集要項と要件に従って公募されるとともに、 ICANNにおける評価検討はそれぞれ個別に行われ、 数件という限られた数の追加にとどまるものでしたが、 第3回の募集では、 あらかじめ募集要項と要件を詳細精緻に文書化し、 応募がこれらに適う場合にはgTLD新設を認める、つまり、 一定の規則に則った(準則的な)gTLD追加をできるような仕組みへと、 募集の方法が変更されました。

この新gTLDの準則的な追加のための新しい仕組みは「新gTLDプログラム」と呼ばれ、 このプログラムに基づく第1回の募集が2012年1月~4月にかけて実施され、 期間中に1,930件の応募がありました。

2000年の第1回、2003年の第2回の募集とは違い、 今回の募集は新gTLDの追加を準則的に認めるものであるため、 申請が要件を満たしており、 申請文字列などに対する異議申立などの問題がなければ、 今後新gTLDとして順次追加されていくことになります。

申請の一覧はICANNのWebサイトにて公開されています。
 Reveal Day 13 June 2012 - New gTLD Applied-For Strings

各回におけるgTLDの募集要件

これまでに実施された、第1~第3回新gTLD募集の概要は次の通りです。

TLD募集 募集時期 TLD数の制限 申請数 承認されたTLD数 TLDの価値判断 申請費用(USD) 選定の考え方
第1回 2000年9月5日~2000年10月2日 あり 47 7 あり 50,000 概念の実証(proof of concept)として、限定されたTLDを選定し、将来追加の募集を行うとした。
第2回 2003年12月15日~2004年3月16日 あり 10 8 あり 45,000 対象はスポンサ付きgTLDのみ。
第3回 2012年1月12日~2012年4月12日 なし 1,930 ? なし 185,000 個別判断から準則的なプロセスへの移行。アルファベット以外の文字(IDN)も申請可能。

参考情報

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.