メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

日本語ドメイン名運用試験(フェーズ1)環境へのアクセス手順

2001年2月22日版

 ここでは、JPNICが配布している多言語ドメイン名評価キット(以下、 mDNkitを使用する場合を例に、 日本語ドメイン名運用試験のフェーズ1(以下、フェーズ1)環境へのアクセス手順をご説明します。

 mDNkit についての詳細は、以下の Web ページをご参照ください。

http://www.nic.ad.jp/ja/idn/index.html

 フェーズ1についての詳細は、以下の Web ページをご参照ください。

http://www.nic.ad.jp/ja/idn/phase1/index.html

利用者環境設定

  1. JPNICのWebページからmDNkitをダウンロード、インストールしてください。 mDNkitバージョン1.3よりも古いキットをご利用の方も、 ダウンロードとインストールをお願いします。
    詳細は、以下の Web ページをご参照ください。
    mDNkitバージョン1.3リリース配布開始のご案内
    http://www.nic.ad.jp/ja/idn/mdnkit/mdnkit-1.3.html

    インストールガイド
    http://www.nic.ad.jp/ja/idn/mdnkit/download/documents/mdnkit-1.3-doc/ja/guide/guide.html
  2. Windows 利用者の方は、mDN Wrapperのバイナリキットもインストールしてください。
    ダウンロード先
    http://www.nic.ad.jp/ja/idn/mdnkit/download/binaries/mDN_Wrapper-1.3.zip
  3. UNIX利用者の方は、runmdn、dnsproxyあるいはBIND 9パッチなどから、 お好みの方法を選択(あるいはすべて選択)して、インストールしてください。
    ダウンロード先
    http://www.nic.ad.jp/ja/idn/mdnkit/download/sources/mdnkit-1.3-src.tar.gz
    UNIXを使用する場合、mdnconvを使って、 「日本語ドメイン名試験」が前述のRACEによるACE表現として正しく変換されることを確かめておくとよいでしょう。

  4. DNSサーバの指定
    dnsproxyを使用する場合は、以下の利用者環境状況に合わせてDNSサーバの指定を行ってください。

    Windowsから dnsproxy を使用する場合
    [コントロールパネル]の[コンピュータ]から[ネットワーク]を選択して、 TCP/IPのプロパティにおいて、[DNS設定]の[DNSサーバの検索順]のトップに、 dnsproxyを起動しているサーバアドレスを追加します。
    UNIXからdnsproxyを使用する場合
    /etc/resolv.confのnameserverにdnsproxyを起動しているサーバアドレスを設定します。
    dnsproxyを起動するサーバの設定
    dnsproxyを起動するサーバでは、/usr/local/etc/dnsproxy.confのforwardに、 利用者環境の本来のDNSサーバアドレスを設定します。

アクセスの手順

 フェーズ1で確認できる事項は、あくまでもDNSクライアントとDNSサーバの間のものです。 したがって、アクセスは簡単に確認できる方法で実施するのがよいでしょう。 前述の通り、フェーズ1ではDNSが設定されるだけですので、 メールやWebなどのアプリケーションは使用できません。

Windows で mDN Wrapper を使用する場合

最終確認中です。しばらくお待ちください。

UNIX で runmdn、BIND 9 パッチを適用する場合

 例えば、

% runmdn telnet 日本語ドメイン名試験.JP

とします。実際のマシンに接続することは出来ませんが、 正しくDNSサーバが応答しているとIPアドレスを確認することができます。 BIND 9パッチを使用する場合は、もっと簡単に、

% nslookup 日本語ドメイン名試験.JP

で確認することができます。 逆引きは、応答されたIPアドレスを使い、 同様にnslookupで確認することができます。

dnsproxyを使用する場合

 UNIXでは、BIND 8の8ビットスルー化を同時に行っていれば、 BIND 9パッチの場合と同様にnslookupを使って確認できます。 Windowsでは、[スタート]の[ファイル名を指定して実行]で、

% ping -n 10 日本語ドメイン名試験.JP

 のようにして、IPアドレスを確認することができます。

問い合わせ先

 本件に関するお問い合わせは、以下までメールでお願いします。

お問い合わせ先メールアドレス:
idn-cmt@nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.