メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
プリント用ページ

IPv6対応テストベッドのご案内

2012年1月25日

IPv6対応テストベッドは、2013年3月31日をもって提供を停止しました。

IPv6対応テストベッドとは

 すでにアジア太平洋地域のレジストリレベルではIPv4アドレスの在庫が枯渇し、 ISPレベルでの在庫枯渇も現実味を帯びてきました。 インターネットがこれまで通りの拡大と発展を遂げていくためには、 こうした状況にもむけた対応をする必要があります。 特にネットワークに関連したサービスや機器を提供している企業で、 サービスを提供し、競争力を維持し続けるためにも、 IPv4アドレスの在庫枯渇に向けて、 IPv6技術の導入が必須になってきています。

 JPNICでは、 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースおよびIPv6普及高度化推進協議会と連携のもと、 これからIPv6に対処しなければならない状況にある企業、 団体の皆様が、試験を行うことができるIPv6テストベッド(検証環境)を、 以下の通り無料にて提供することになりましたので、ご案内申し上げます。 このテストベッドでは、 自社ネットワークのIPv4/IPv6デュアルスタック化、 サーバ・アプリケーションのIPv6化、 デバイスのIPv6化に向けた検証といった、 IPv4枯渇に向けて導入が必要とされている技術について、 幅広く検証していただけます。

クリックすると図が拡大します
図1 テストベッド利用イメージ

テストベッドが提供する接続性

  • IPv4インターネットコネクティビティ(full route)
  • IPv6インターネットコネクティビティ(full route)
  • マルチホーム環境

テストベッド概要

運営:
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
協力:
IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース
IPv6普及高度化推進協議会
独立行政法人情報通信研究機構
IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースロゴ IPv6普及高度化推進協議会ロゴ 独立行政法人情報通信研究機構ロゴ
テストベッド設置場所:
慶應義塾大学新川崎タウンキャンパス
費用:
施設設備利用には特に必要ありません。 機材持ち込みの場合、輸送費は、参加者に負担いただきます。
検証期間:
テストベッド使用開始から、1ヶ月程度
提供期間:
2013年3月末まで(予定)
利用申し込みの流れ:
  1. 利用申込書(144KB)を、v6testbed-ap@nic.ad.jp宛にお送りください。その際、利用申込書に記載された同意事項に同意の上、お申し込みください。なお、利用申込書は2012年1月21日に更新されていますので、新しいものをお使いください。
  2. 申込書受領後、利用の可否について、JPNICよりご連絡させていただきます。テストについては、IPv6への卓越した知識を持つ専門チーム(IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース+IPv6普及高度化推進協議会メンバー)が、検証システム設計、コンサルティングおよび検証作業補助などで協力します。
  3. テストベッド利用後は、指定のフォームで、簡単なアンケートにお答えください。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.