メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲          ◆ JPNIC News & Views vol.379【臨時号】2006.8.14 ◆
  _/NIC
===================================
---------- PR --------------------------------------------------------
■■■ サイボウズ Office 6 for ASP サービス ■■■
 実績あるグループウェア『サイボウズ Office 6』の機能をASPサービスで
  ● ASPならではの低コスト導入・運用。安心の無料試用サービス付
  ● 基本容量1GBで最大5GBまで拡張が可能。情報共有に効果を発揮
株式会社エアネット  詳細はこちら ⇒ http://www.airnet.jp/cybozu/
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.379 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号では、vol.376、vol.377に引き続き、第66回IETFのレポート[第3弾] IPv6 
関連WGの動向についてお届けします。

□第66回IETF報告 特集
○[第1弾] 全体会議報告 (vol.376)
   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2006/vol376.html
○[第2弾] DNS関連WG報告 (vol.377)
   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2006/vol377.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第66回IETF報告 [第3弾]  IPv6関連WG報告
                                   JPNIC IPアドレス検討委員会メンバー/
                                     NTT情報流通プラットフォーム研究所
                                                              藤崎智宏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2006年7月9日(日)から7月14日(金)まで、カナダのモントリオールにて、第66 
回IETFミーティングが開催されました。本稿では、IPv6に関連したトピックス
として、v6ops、shim6の各ワーキンググループ(以下、WG)の動向と、会議では
直接は話題になっていませんが、ipv6 MLでのIPv6アドレス割り当てに関する
議論について紹介します。

◆v6ops WG (IPv6 Operations WG)

IPv6のデプロイメントに関する話題を扱うv6ops WGのミーティングは、7月12
日(水)の午前、9:00~11:30の枠で開催されました。

今回は、IPv6網でのセキュリティ的観点についてのドラフトが多く議論されま
した。主なものは以下の通りです。

  - IPv6ネットワーク防御(draft-ietf-v6ops-nap-01)
  - IPv6ネットワークでのICMPv6のフィルタ手法
                    (draft-ietf-v6ops-icmpv6-filtering-recs)
  - IPv6ネットワークでのセキュリティ概論
                    (draft-ietf-v6ops-security-overview)
  - IPv6におけるポートスキャン
                    (draft-ietf-v6ops-scanning-implication)

IPv6ネットワーク防御(draft-ietf-v6ops-nap-01)のドラフトは、IPv4で、NAT 
で担保されているセキュリティを、IPv6ではどのように実現できるかを記述し
ています。ミーティングでは、内部ネットワークのトポロジを隠蔽するのにホ
ストルートを使うという記述や、内部でULA(Unique Local IPv6 Unicast
Addresses : RFC4193)を使うことを推奨することの是非に関する議論、NATと
ファイアウォールを同等に扱っている記述を変更する提案などが行われました。

IPv6ネットワークでのセキュリティ概論
(draft-ietf-v6ops-security-overview)は、IPv6/IPv4共存時の課題や、IPv6 
ネットワーク運用時におけるセキュリティ上の問題などを述べています。ミー
ティングでは、IPv6の断片化ヘッダを利用したときに発生する問題や、拡張ヘッ
ダ等のファイアウォールでのフィルタに関する問題について議論されました。

その他の二つのドキュメントも含め、今後、WGのラストコールがかけられるこ
とになっています。

IPv6ネットワークの利用が広まり、運用のノウハウ、運用時の問題や課題など
が具体的に議論されるようになってきています。

□v6ops WG
  http://www.ietf.org/html.charters/v6ops-charter.html
  http://www.6bone.net/v6ops/

□第66回 IETF v6ops WG のアジェンダ
  http://www.ietf.org/ietf/06jul/v6ops.txt


◆shim6 WG (Site Multihoming by IPv6 Intermediation WG)

shim6 WGでは、IPv6に特化した、通信を実施するエンドホスト間の連携により
マルチホームを実現するshimと呼ばれる方式のプロトコル策定を目的としてい
ます。今回のセッションでは、基本仕様のレビューとともに、拡張仕様の検討、
およびshim6 WGの今後の方向について議論が行われました。

shimプロトコルの基本仕様は、過去のミーティングにてほぼ決定され、軽微な
修正が施されるのみという状況になっています。しかしながら今回、基本仕様
の一部に特許上の問題があることが議論となり、WGとして、この問題が解決す
るまでは基本仕様の標準化を止めることとなりました。

WGの今後の方向性の議論では、NANOGやAPRICOT2006といったオペレータミーティ
ングでの議論もかんがみ、このまま標準化を進めるのでなく、一度
ExperimentalとしてRFC化し、実装からのフィードバックを得、機能の追加を
図った上で再度標準化を開始してはどうか、という提案があり、これに対して
多くの議論が実施されました。標準の肥大化を懸念する意見や、これ以上の機能
追加には反対する意見が多く出されましたが、議論の途中で時間切れになり、
shim6 WGについての明確な方向性は決まりませんでした。今後、継続的に
議論されることになりそうです。


□shim6 WG
  http://www.ietf.org/html.charters/shim6-charter.html

□第66回 IETF shim6 WG ミーティングのアジェンダ
  http://www.ietf.org/proceedings/06jul/agenda/shim6.txt


◆intarea meeting (Internet Area Open Meeting)

Internetエリアの各WGのトピックの紹介や、どのWGにも属さないトピック、
またエリア全体のトピック等が扱われるInternetエリアのオープンミーティ
ングで、IPv6のアドレス選択を定義している、RFC3484の改版に関する議論が
実施されました。

RFC3484では、ノードが複数の始点・終点アドレスを持つ場合に、通信を開始
する際に単一ペアの始点・終点アドレスを選択するアルゴリズムを定義してま
す。現在提案されているRFC3484の改版提案は、ノードが複数の始点アドレス
を持つ場合に、過去の通信失敗履歴等を利用することで、自動的に通信相手に
応じて動的に始点アドレスの利用可否を判定するようにする、となっています。
これに対し、通信の成否が判定できるのはTCPのようなプロトコルのみであり、
一般的にするのは困難、有用だが既存実装へのインパクトが大きい、などの意
見が出されました。改版の方向性が決まるのには、もう少々時間がかかりそう
です。

□第66回 IETF intarea ミーティングのアジェンダ
  http://www.ietf.org/proceedings/06jul/agenda/intarea.txt

◆その他 ipv6関連事項

その他、IETF66の会期中に、エンドサイトへのIPv6アドレス割り当てサイズ
の推奨値を記述しているRFC3177の改版について、ipv6 WGのMLに投稿されまし
た(ipv6 WGは、第64回IETFにてface-to-faceミーティングを終了しましたが、
IETFのWGとしては存在しており、MLも存続しております)。v6ops WGでも、
IPv6の経路制御に関するガイドラインの議論で話題になっています。

この議論は第63回IETFに始まっています。RFC3177ではIPv6アドレスのエンド
ユーザー割り当てサイズとして、統一的に/48が推奨されています。この値は
ユーザーごとに約65,000個のサブネットを構築できるものですが、SOHOや家庭
向けには大きすぎて無駄である、という意見のもとに、文書の改版が進んでい
るものです。

今回投稿された案では推奨サイズに関する記述を削っていますが、この変更に
賛成する意見がある一方、固定サイズを明記すべきだ、/48をやめるべきでは
ない、といった元のRFCを支持する意見もあり、議論が続いています。

IETFは技術的な内容のみを扱うべきで、アドレスの割り当てサイズに関するルー
ルはRIR(地域インターネットレジストリ)で扱うべきである、という意見も多
く、実際に各RIRでアドレス割り当てサイズの検討が進んでいます。

第66回IETFミーティングの各種情報は、以下のURLより参照可能です。

□第66回IETF全体プログラム
https://datatracker.ietf.org/public/meeting_agenda_html.cgi?meeting_num=66

□第66回IETFWGアジェンダ、発表資料
https://datatracker.ietf.org/public/meeting_materials.cgi?meeting_num=66

□第66回IETF 録音
http://videolab.uoregon.edu/events/ietf/

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/(PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
===================================
 JPNIC News & Views vol.379 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2006 Japan Network Information Center

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.