メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.748【定期号】2010.5.17 ◆
  _/NIC
===================================
---------- PR --------------------------------------------------------
【 株式会社 アイテックジャパン 】
┏━━━■■クラウド・サイネージ誕生■■━━━━━━━━━━━━━━┓
 ワンソース・マルチデバイス用CMS、携帯全機種、iPhone、アンドロイド
 PC、デジタルサイネージ全てに自動変換、OEM販売先を募集しています。
┗━━━━━━━━━━━━━━ http://itec.ad.jp/itec/cloud_signage/
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.748 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DNSSECの導入と普及を目的とした団体「DNSSECジャパン」が2009年11月に設
立され、現在JPNICもその会員として活動を行っています。

本号では、このDNSSECジャパンの組織概要と、各ワーキンググループの活動
内容をご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 1 】特集 「DNSSECジャパンへの参加とその活動について」
【 2 】News & Views Column
       「IPレイヤ周辺情報のタコツボ化」
        ブロガー  あきみち氏
【 3 】インターネット用語1分解説
       「レジストリ・レジストラ垂直統合とは」
【 4 】統計資料
         1. JPドメイン名
         2. IPアドレス
         3. 会員数
         4. 指定事業者数
【 5 】イベントカレンダー


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】特集 「DNSSECジャパンへの参加とその活動について」
                                                          JPNIC 技術部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DNSSEC(Domain Name System Security Extensions)(*1)とは、DNSに対し、
データ作成元やデータの完全性を確認できるように仕様を拡張するものです。

2008年、セキュリティ研究者のDan Kaminsky氏によってキャッシュポイズニ
ング(*2)(*3)の効率的な攻撃手法が発表され、DNSの持つ脆弱性への抜本的
な対策が必要との認識が広がりました。それをきっかけにして、DNSSECを導
入しようとする動きが活発になり、2009年から2010年にかけて、arpaを含む
TLDおよび逆引きゾーンへ署名がされるようになりました。ルートゾーンに
対しても、2010年7月の署名が予定されています。

しかし、DNSSECを正しく動かすにはさまざまな課題があり、たとえば以下の
ようにDNSを運用、登録、利用する人、それぞれが対応する必要があります。

・DNSサーバ管理者、運用者: ゾーンの署名、鍵の管理、DNSSEC応答の検証
・レジストラ、ドメイン名登録者: 鍵の登録、更新
・ルータ、ファイアウォールなどのネットワーク機器ベンダー、リゾルバ等:
  DNSSECやEDNS0などの拡張されたDNSプロトコルへの対応
・ISP: DNSSECの対応とユーザーへの提供

(*1)JPNICニュースレター 10分講座:「DNSSEC」
    http://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No43/0800.html

(*2)JPNIC News & Views vol.430 インターネット用語1分解説:
    「DNS cache poisoning(DNSキャッシュポイズニング)とは」
    http://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/DNS-cp.html

(*3)JPNICニュースレター 10分講座:「DNSキャッシュポイズニング」
    http://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No40/0800.html


◆DNSSECジャパン

DNSSECは、上記のようにDNSのサービスに関わる複数の人々が対応する必要
がありますが、その内容は多岐にわたり複雑なため、有効に動作させるため
には関係者が協力しあって連携する必要があります。そうした必要性から
DNSSECの導入と普及を目的とした、「DNSSECジャパン」(*4)が設立されま
した。

DNSSECジャパンは、DNSSECの導入・運用に関する課題の整理・共有や技術検
証の実施、ノウハウの蓄積などを目的とした団体で、日本DNSオペレーター
ズグループ代表幹事の石田慶樹氏らが発起人となって設立されました。2010
年4月15日現在、25組織が会員として参加しており、JPNICもその一会員となっ
て活動しています。

DNSSECジャパンの組織は、技術検証ワーキンググループ(WG)、広報WG、
DNSSEC運用ワークショップで構成されています。このうちDNSSEC運用ワーク
ショップは、運用技術サブワーキンググループ(SWG)とプロトコル理解SWG 
に分かれて活動をしています。以下に、技術検証WG、運用技術SWG、プロト
コル理解SWGの活動について、ご紹介します。

(*4) DNSSECジャパン: http://dnssec.jp/


◆技術検証WG

技術検証ワーキンググループは、DNSSECがルートゾーンやTLDに導入された
ときに、ネットワークサービスや製品にどのような影響があるかを調査する
グループです。

DNSSECが導入されると、ISPのDNSキャッシュサーバやルータなどの機器では、
扱うトラフィックが変化すると考えられます。またドメイン名の登録サービ
スにおいては、登録管理のインターフェースを変更する必要があります。こ
れらの影響を、実際にDNSSECの導入が始まる前に調べておくと、ISP等のネッ
トワーク接続組織で事前の対策が取りやすくなると考えられます。

このWGには、ISP等13社が参加しています。活動は2010年4月に始まり、2010 
年度末に報告書の形で成果をまとめることになっています。


◆運用技術SWG

「運用技術サブワーキンググループ」では、DNSSEC運用の一連の流れを、ワー
クショップ形式で体験しています。これまでの活動内容は、以下の通りです。

第1回: 題材: BINDを用いたDNSSEC対応DNSの構築(1)
       内容: DNSSECの基本(座学)
             DNSSEC対応コンテンツDNSサーバの構築(演習1)
             DNSSEC対応キャッシュDNSサーバの構築(演習2)

第2回: 題材: BINDを用いたDNSSEC対応DNSの構築(2)
       内容: 鍵更新/ゾーン再署名


◆プロトコル理解SWG

「プロトコル理解サブワーキンググループ」では、DNSSECに関するRFCを輪
講することにより、DNSSECへの理解を深めるための活動をしています。

DNSSECでは、不正なデータの混入を防ぐことを目的として電子署名を導入す
るため、設定項目については正確さを求められます。RFCで定義されている
細部を理解するという趣旨のもと、各参加者に割り当てられたRFCについて
発表・解説を行っています。

これまでに開催された活動内容については、以下の通りです。

第1回: RFC4033 DNS Security Introduction and Requirements.
第2回: RFC4034 Resource Records for the DNS Security Extensions.
第3回: RFC4035 Protocol Modifications for the DNS Security Extensions.
第4回: RFC5011 Automated Updates of DNS Security(DNSSEC)Trust Anchors.

           ◇                     ◇                  ◇

今後もJPNICは、DNSSECジャパンの活動等を通じて、DNSSECに関する情報収
集を行って参ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】News & Views Column
       「IPレイヤ周辺情報のタコツボ化」
                                                     ブロガー あきみち
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

雑誌、新聞、テレビの衰退が語られることが徐々に増えてきました。それと
同時に語られるのが、ネットメディアによる情報発信の可能性です。そのう
ちの一つとして、よく話題に上るのが一般ユーザーが各自で発信する情報を
活用したCGM(Consumer Generated Media、もしくはUGC: User Generated
Contents)です。

CGMの多くは、言及が多い情報を「話題の情報」として扱いがちです。情報
発信側ではなく、ユーザー側の行動によって情報伝播が変化する形です。そ
のため、今後は、情報がラーメン屋の行列と同じような状況になるのかもし
れません。「その情報」に人が群がっているかどうかが重要、という世界で
す。驚くことに、新聞などの従来メディアが、「ネットで話題」の情報に飛
びつく事例も増えてきました。

しかしこのような状況の中で、IPなど下位レイヤの情報がどのような位置づ
けを占めているかに目を向けると、それらを扱っていた雑誌が徐々に減り、
ネット上でもプロトコルなどを話題にするよりもWeb APIマッシュアップ、
JavaScript、CSS(Cascading Style Sheets)などがホットになっていってい
ます。それに伴い、下位レイヤ関連情報が、タコツボ化しているような錯覚
さえ覚えることがあります。

例えば、ネット上において、IPv4アドレス在庫枯渇問題に関するニュースの
伝わりにくさを見ていると、下位レイヤを理解してもらうためには、下位レ
イヤに関わる方々がCGM上で増えることが必要な世界へと変化しているのか
もしれません。

CGM上での活動が活発化することで、後進となる方々が下位レイヤに興味を
持っていただける機会が増えるという効果もありそうです。ただし、単に下
位レイヤネタで内輪盛り上がりするだけではなく、昔fj(*)で盛り上がった
けれど今はLayer 8やLayer 9で活躍されているような方々が、広い視野で上
位レイヤを絡めつつ下位レイヤを紹介し、夢を語るのが大事なのだろうなぁ
と思った今日この頃です。

P.S.
Twitterが流行するようになってから、多少状況が変わっているようにも見
えます。Twitterには、下位レイヤ関連業界の方々が増えているようです。
ただし、Twitter上では同一業界の人々が固まってクラスタを形成する傾向
が強いため、それはそれで一種の「タコツボ」なのかもしれません。

(*) fj: NNTPを用いたバケツリレー式掲示板システムである、ネットニュー
        スの1グループ。fjは、(From Japan)の略。


■著者略歴

あきみち(本名:小川晃通)

慶應義塾大学政策メディア研究科にて博士号を取得。2003年ソニー株式会社
入社。ホームネットワークにおける通信技術開発に従事した後、2007年にソ
ニー株式会社を退職。現在はブロガー(Geekなぺーじ 
http://www.geekpage.jp/)として活動を行っている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】インターネット用語1分解説
         「レジストリ・レジストラ垂直統合とは」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レジストリ・レジストラ垂直統合(問題)とは、登録ドメイン名のデータベー
スを一元的に管理する「レジストリ」と、エンドユーザーからドメイン名の
登録や変更など各種申請の受け付けを行いレジストリデータベースへの登録
を行う「レジストラ」両者の、兼業等を認めるかどうかという問題です。
ICANNの議論などにおいては、「Vertical Integration between Registries 
and Registrars」から「VI」と略されることもあり、また両者の兼業に対す
る立場の違いなどから、「レジストリ・レジストラ(垂直)分離問題」などと
も呼ばれます。

gTLDにおいては、サービス面や価格面に対する競争環境の導入を目的として、
「レジストリ・レジストラモデル」と呼ばれる階層的な仕組みが採用されて
います(*1)。現在のICANNとレジストリ間の契約では、レジストリがレジスト
ラ業務を行うことは禁止されており、また、レジストリによるレジストラの
15%を超える所有は認められていません。早ければ2010年中にも申請受け付け
開始となる可能性がある新gTLD募集において、単独もしくは連合体でレジス
トリとして応募したい現行のレジストラ事業者等が、これら制限の見直し等
を求めたため、VIという概念も大きく取り上げられることとなりました。

(*1)http://www.nic.ad.jp/ja/dom/registration.html


本問題については、2010年3月に開催されたICANNナイロビ会議最終日の理事
会において、当面は従来通り両者の分離を維持すべきとの決議がなされまし
た(*2)。同時に現行のポリシーを変更した場合などの影響を調べるために、
分野別ドメイン名支持組織(GNSO: Generic Names Supporting Organization)
にワーキンググループが設立され、現在も検討が続いています。

(*2)http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2010/vol745.html


なお、gTLDと違いccTLDでは、gTLDほど厳密なレジストリ・レジストラモデル
を採用しているとは限らず、JPドメイン名のように、エンドユーザーが希望
すればレジストリへの直接申請が可能なところも存在しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】統計資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.JPドメイン名

o 登録ドメイン数(2009年12月~2010年5月)
--------------------------------------------------------------------------------
日付|  AD  AC    CO    GO   OR    NE   GR   ED   LG   GEO   GA     GJ    TOTAL
--------------------------------------------------------------------------------
12/1| 274 3526 333680 787 25544 16963 8027 4564 1883 2883 601663 133287 1133081
 1/1| 274 3528 334755 791 25658 16987 8024 4562 1876 2884 607066 133754 1140159
 2/1| 275 3533 335002 789 25720 16943 7999 4568 1876 2872 612390 133513 1145480
 3/1| 275 3537 335535 790 25810 16972 7982 4579 1875 2864 618249 133192 1151660
 4/1| 275 3540 336724 791 25982 16981 7969 4609 1867 2849 624548 132435 1158570
 5/1| 276 3539 337876 783 26121 16932 7922 4610 1859 2822 630341 131214 1164295
--------------------------------------------------------------------------------

 GA:汎用ドメイン名 ASCII(英数字)
 GJ:汎用ドメイン名 日本語


2.IPアドレス

o JPNICからの割り振りとJPNICへの返却ホスト数(2009年11月~2010年4月)
------------------------------------------
  月 |   割振   |   返却   | 現在の総量
------------------------------------------
  11 |   226304 |        0 |   67415998
  12 |   235520 |        0 |   67651518
   1 |  1020928 |        0 |   68672446
   2 |   349184 |        0 |   69021630
   3 |   461824 |    47104 |   69436350
   4 |  2182144 |     4096 |   71614398
------------------------------------------


□統計情報に関する詳細は → http://www.nic.ad.jp/ja/stat/


3.会員数  ※2010年5月12日 現在

 ---------------------
  会員分類  | 会員数 |
 ---------------------
  S会員     |      3 |
  A会員     |      1 |
  B会員     |      3 |
  C会員     |      5 |
  D会員     |    124 |
  非営利会員|     10 |
  個人推薦  |     34 |
  賛助会員  |     40 |
 ---------------------
  合計      |    220 |
 ---------------------

□会員についての詳細は → http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/


4.指定事業者数  ※2010年5月13日 現在

  IPアドレス管理指定事業者数           393


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】イベントカレンダー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  2010.5.16(日)~21(金)        LACNIC XIII
                               (Curacao, Netherlands Antilles)
  2010.5.20(木)                INET
                               (Cape Town, Republic of South Africa)
  2010.5.21(金)                IPアドレス管理指定事業者定例説明会
                               (東京、JPNIC会議室)
  2010.5.25(火)                第26回IPアドレス管理指定事業者連絡会
                               (大阪、御堂筋MIDビル)
  2010.5.26(水)                第26回IPアドレス管理指定事業者連絡会
                               (東京、日本教育会館)
 --------------------------------------------------------------------
  2010.6.1(火)                 AfNOG-11 (Kigali, Rwanda)
  2010.6.2(水)~3(木)          AfriNIC-12 (Kigali, Rwanda)
  2010.6.3(木)                 42nd CENTR General Assembly
                               (Dublin, Ireland)
  2010.6.13(日)~16(水)        NANOG49 (San Francisco, U.S.A)
  2010.6.18(金)                第41回通常総会
                               (東京、ホテルメトロポリタンエドモント)
                               第79回臨時理事会
  2010.6.20(日)~25(金)        ICANN 38 (Brussels, Belgium)
  2010.6.24(木)                INET Montevideo (Montevideo, Uruguay)
  2010.6.29(火)                第18回JPNICオープンポリシーミーティング
                               (東京、ベルサール九段)
 --------------------------------------------------------------------
  2010.7.2(金)                 INET Montevideo (Montevideo, Uruguay)
  2010.7.8(木)~9(金)          JANOG26 (東京、恵比寿ガーデンプレイス)
  2010.7.12(月)~15(木)        12th APNG Camp (広島)
  2010.7.15(木)~23(金)        SANOG 16 (Paro, Bhutan)
  2010.7.25(日)~30(金)        78th IETF (Maastricht, Netherlands)


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.748 【定期号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2010 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.