メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.762【臨時号】2010.7.16 ◆
  _/NIC
===================================
---------- PR --------------------------------------------------------
■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━株式会社SRA━━
□■□ ソースコード専用の高速検索エンジン「CodeDepot」(コード・デポ)
■□  ただいまトライアル版のお申し込み受付中!!
□   詳しくはこちら ⇒ http://www.sra.co.jp/codedepot/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.762 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号では、2010年6月20日から25日にかけて、ベルギーのブリュッセルで開催
されたICANN会議のレポートをお届けします。

なお、今回のICANN会議の報告会を8月5日(木)に、東京の富士ソフト アキバ
プラザにて開催いたします。本号では現在ICANNでどのような議論が行われて
いるかをお伝えするとともに、報告会では会議参加者からの生の声をみなさ
まにお届けできればと考えております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ICANNブリュッセル会議報告
                                   JPNIC インターネット推進部 前村昌紀
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2010年6月20日から6月25日まで、ベルギーの首都ブリュッセルで、第38回
ICANN会議が開催されました。

  ICANN no.38 Brussels
  http://brussels38.icann.org/


◆欧州統合の中心、ブリュッセルでのICANNミーティング

ブリュッセルはベルギーの首都であるとともに、欧州連合理事会、欧州議会、
欧州委員会など欧州連合(以後、EU)の中枢機関が置かれる、いわばEUの首都
とも言える存在でもあります。実はベルギー自体、北部のオランダ語圏、南
部のフランス語圏、少数のドイツ語圏からなっています。ラテン民族圏とゲ
ルマン民族圏の境界線上に位置して、国の成り立ちが複合的であることが、
これらEUの中枢機関を収容したことに大きく関係しているようです。ウェル
カムセレモニーでは、これらEU諸組織を代表する方々からスピーチがありま
したが、ICANNのガバナンスを欧州統合の文脈になぞらえていたのが印象的で
した。


◆新gTLDに関して

申請者ガイドブック案(DAG; Draft Applicant Guidebook)第4版(以下DAGv4)
が2010年5月末に公開され、7月21日までの意見募集に掛けられている状況下
での会議開催となりました。前回ナイロビ会議で採択された理事会決議では、
"New gTLDs Implementation - ***"として、新gTLDの実装に関する以下の決
議が数件採択され、DAGv4ではそれらが反映された内容となっています。

前回ナイロビ会議における、新gTLDに関する主な理事会決議

1) EoI(関心表明)プロセスの取り下げ
2) VI(レジストリ・レジストラ垂直統合)(*1)の禁止
3) Trademark Clearinghouse、URS(Uniform Rapid Suspension)への募集意見
   反映
4) PDDRP(商標権に関する委任後紛争解決手続き)、RRDRP(コミュニティ要件
   に関する紛争解決手続き)への募集意見反映
5) IDN3文字制限の緩和(2文字を条件付き承認)

  ナイロビ理事会決議:
  http://www.icann.org/en/minutes/resolutions-12mar10-en.htm

 (*1) http://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/registry-registrar-vi.html

これと比較すると、今回ブリュッセル会議で採択された、新gTLDに関する理
事会決議は少なく、

1) 9月に理事会合宿(retreat)を行うこと
2) 新gTLDプログラム予算の承認

の2点だけでした。

  ブリュッセル理事会決議:
  http://www.icann.org/en/minutes/resolutions-25jun10-en.htm

会期中に、新gTLDに関連するセッションは2、3あったものの、それらは現況
報告や、新gTLD施行後の対応などを議論するもの、続行中の作業部会(working
group)の経過報告など少数に限られ、既に大枠の議論は済んでしまったという
印象を受けました。例えば、事業者の間で大きな議論を呼んだ、VI(レジスト
リ・レジストラ垂直統合)に関して、木曜日(6月24日)のパブリックフォーラ
ムで大きな議論を呼びそうでしたが、セッションチェアであった理事会議長
のPeter Dengate Thrush氏によって、セッション冒頭に「VIの質問や意見は
受け付けない」と明言されていたこともあり、特に大きく取り上げられるこ
とはありませんでした。

新gTLDプログラムに関して、まだ作業部会での議論は続いていますが、ブ
リュッセル会議においては、理事会でプログラム予算が承認されたことを含
め、プログラム実施に向けた準備に焦点が移っていました。


◆.XXXに関する経過

アダルトエンターテイメント業界向けのスポンサ付きTLD(sponsored TLD: 
sTLD)として2003年に申請された.XXXに関しては、2010年2月の独立審査パネ
ル(IRP)による裁定を機に、ICANN理事会および事務局による意見募集と再検
討が進められていました。本件の詳細については、JPNIC News & Views 
vol.753(*2)をご覧ください。

(*2) http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2010/vol753.html

ブリュッセル会議の理事会では本件に関して、

1) IRPの裁定を受け入れ、申請者が申請要件を充足していることを確認し、
   事務局に再度精査を指示。

2) 問題がなければ契約文案作成など作業に移ることを指示。その契約文案を
   元に、理事会は最終的に契約の承認可否を決定。

といった内容の決議をしました(*3)が、このうち 2)に対応する決議細目3項
目すべてに、GAC(Governmental Advisory Committee; 政府諮問委員会)勧告
に従うことが念入りに書き込んでありました。

(*3) http://www.icann.org/en/minutes/resolutions-25jun10-en.htm#5

.XXXはアダルトコンテンツ用であることが明示されたTLDであり、その取り扱
いは極めて難しいものです。この決議には、それを、あくまで定款に沿いな
がら、GAC勧告を尊重して自律的に正しく行おうとする、理事会の意思のよう
なものが見て取れます。


◆中国語圏におけるIDN ccTLDの承認

この他に、ブリュッセル会議での大きなニュースとして、中国語圏の三つの
国および地域に対して、IDN ccTLDが承認されたことが挙げられます。

  ICANNトピックス: ICANNが中国語圏のIDN ccTLDを承認
  http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2010/20100628-01.html

今回承認されたのは、以下のIDN ccTLDです。

・「.中国」「.中國」
   委任先:CNNIC (China Internet Network Information Center)

・「.香港」
   委任先:HKIRC (Hong Kong Internet Registration Corporation Limited)

・「.台灣」「.台湾」
   委任先:TWNIC (Taiwan Network Information Center)

中国と台湾に関しては、それぞれの正字体だけでなく異字体も同時に承認さ
れました。これはSynchronized(等価) IDN ccTLDと呼ばれる概念によるもの
で、二つのTLDゾーンは全く同じ名前空間として取り扱われます。


次回ICANN会議は、2010年12月5日から10日まで、コロンビアのカルタヘナで
開催される予定です。

                  ◇              ◇              ◇

2010年8月5日(木)に開催予定の、第28回ICANN報告会(東京、富士ソフト アキ
バプラザ)でも、ICANNブリュッセル会議の詳細についてご報告いたします。
ご興味のある方はぜひご参加ください。報告会のプログラムや申し込み方法
については、詳細が決まり次第、JPNIC Webサイトおよび各種メーリングリス
トにてお知らせいたします。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
            http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.762 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2010 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.