メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.962【臨時号】2012.4.25 ◆
  _/NIC
===================================
---------- PR --------------------------------------------------------
    ┏━━━━━━━━━━━━┓    ★  2012年5月8日(火) 13:30~   ★
  ┏┫   第33回 ICANN報告会   ┣┓  ☆  シスコシステムズ合同会社   ☆
  ┃┗━━━━━━━━━━━━┛┃  ★  東京本社会議室(21F)にて    ★
  ┗━┛ JPNIC・IAjapan共催 ┗━┛  申込受付は5月7日(月)17:00まで!
詳細はこちら → http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2012/20120417-01.html
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.962 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号では、vol.958、vol.960、vol.961に続き、第83回IETFのレポート[第4弾]
として、IPv6関連WGのうちv6ops WGの動向についてお届けします。

なお、全体会議やDNS関連WG報告、6man WGについては、それぞれ以下のURLか
らバックナンバーをご覧ください。

□第83回IETF報告 特集
  ○[第1弾] 全体会議報告 (vol.958)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol958.html
  ○[第2弾] DNS関連WG報告 (vol.960)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol960.html
  ○[第3弾] IPv6関連WG報告 ~6man WGについて~ (vol.961)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol961.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第83回IETF報告 [第4弾]  IPv6関連WG報告
   ~v6ops WGについて~
                      NTTサービスインテグレーション基盤研究所 藤崎智宏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆v6ops WG (IPv6 Operations WG)

IPv6に関するオペレーション技術および共存・移行技術に関する議論を実施
するWGです。ミーティングは、会議最初の26日(月)午前の1コマおよび29日
(木)午後1コマの、合計2コマで実施されました。参加者は相変わらず多く、
広めの部屋がほぼいっぱいとなっていました。

会議の冒頭にチェアのFred Baker氏より、2012年9月にオランダのアムステル
ダムで開催されるRIPE65ミーティングに併催して、IETFの複数WGでの中間ミー
ティングを開催する予定がある旨報告があり、v6ops WGとしての参加の是非
についての確認がありました。特に反対は無かったのですが、賛成もそれほ
ど多くなく、今後のアナウンスが待たれます。

v6ops WGについても、今回議論された項目の中からいくつかのトピックスを
取り上げて、以下に簡単にご紹介します。

・2012年春WIDEキャンプにおける、移行技術を用いたIPv6 onlyネットワーク
  実験からの経験(draft-hazeyama-widecamp-ipv6-only-experience)

2012年3月頭のWIDEプロジェクトの春期キャンプにおいて、各種移行技術、ト
ランスレーション技術をキャンプネットワークで実際に利用した、IPv6実験
結果に関する報告です。前回のIETFでの発表に続き、2回目の報告となりま
す。移行技術として、DNS64/NAT64、4rd、464XLAT、SA46Tを利用し、発生し
たトラブル等をまとめています。議論として、パケットの断片化周りで問題
が発生するのは理解できるが、実際の利用としてフラグメントが本当に数多
く発生するのか、発生する場合どのようなアプリケーションなのか、といっ
た質問に対し、VPNアプリケーションでは問題になる可能性が高い、といった
ことや、ドラフトに対して、技術的条件を詳述して欲しいという要望が出さ
れました。興味を持っている参加者が多く、継続した報告をして欲しい、と
いった意見がありました。秋に開催される予定のキャンプでも、引き続き実
験をして報告をするとのことです。

・NAT64運用の経験(draft-chen-v6ops-nat64-experience)

NAT64の運用時に発生する課題等の報告です。以前の発表以降に受けたコメン
ト等に対する、対応状況等の説明が中心の報告でした。このドラフトは有効
である、という意見が多かったのですが、トピックスとしてどこのWGが扱う
か、が議論になり、設立が検討されているv4exit WGが成立すればそちらで、
そうでなければv6opsで検討をしていくこととなりました。

・464XLAT: ステートフル・ステートレス変換の組み合わせ
  (draft-ietf-v6ops-464xlat)

IPv6ネットワーク上で、IPv4をサービスする手法として、IPv4/IPv6変換と
IPv6/IPv4変換を組み合わせる方式についての提案です。以前、softwire WG
で議論されていましたが、v6ops WGに移り、WGアイテムとして扱われていま
す。議論中、利用するIPv6プリフィクスを/96にすべきではない、という意見
が出され、それに対応した新たなドラフトが既に出されています。今後の進
め方として、チェアより、ドラフトをサービス的観点(BCPステータス)と実証
による経験的な観点に分割してはどうか、といった意見が出されましたが、
議論の結果、Informationalステータスの文書として進めていくこととなって
います。

・IPv6カスタマーエッジルータに対する基本要求仕様 - マルチホームと移行
  (draft-townsley-troan-ipv6-ce-transitioning)

IPv6対応CEルータの、特に初期設定に関する部分の議論が実施されています。
同じプレゼンテーションが、softwire WGでも実施されています。今後、プロ
バイダーの方式に依存しますが、CEルータが認識しなければならないIPv4/
IPv6提供方式は、ds-lateや6rdなどを組み合わせるとかなりの数になってし
まうこと、提供されているIPv4/IPv6方式を認識し、設定を自動で実施するこ
とは、CEルータベンダーとしては非常に困難であること等が議論されていま
す。特定のプロバイダーが自社サービス向けに提供するような場合では、こ
のような問題が発生する可能性は低いと思われますが、量販店で扱われ、複
数の環境での動作が前提となるようなブロードバンドルータベンダーでは、
かなり頭の痛い問題となりそうです。

・IPv6カスタマーエッジルータに対する基本要求仕様
  (draft-ietf-v6ops-6204bis)

RFC6204の改版を目的としたドラフト提案です。前回より引き続き議論されて
います。マルチホームの際に利用する始点アドレスベースのルーティングに
関する記述の是非(記述賛成に多数)や、IPv6ネイティブリンクと6rdの並存に
関する議論が実施されました。すぐにでもRFC化して欲しいという意見もあ
り、ミーティングでの議論を反映した改版を実施後、WGラストコールを実施
することとなりました。

なお、IETF83ミーティング中、複数のWGで話題になっていた「v4exit WG」の
新規設立ですが、本稿執筆時点では、「sunset4 WG」としてインターネット
エリアに設立することに対する意見照会が、4月24日まで実施されています。

また、今回のv6ops WGでは、ここまでご紹介したトピックス以外に、次のテー
マについても議論が行われました。

・CGN導入時にログ情報を削減するための動的アドレスマッピング
  (draft-donley-behave-deterministic-cgn)

・ICMPv6パケットのステートレス始点アドレスマッピング
  (draft-ietf-v6ops-ivi-icmp-address)

・インターネットコンテンツ&アプリケーションサービスプロバイダー向け
  IPv6ガイダンス(draft-carpenter-v6ops-icp-guidance)

・サーバのロードバランスのための、IPv6フローラベルの使用
  (draft-carpenter-v6ops-label-balance)

・IPv6 RA保護(RA-Guard)実装に関するアドバイス
  (draft-ietf-v6ops-ra-guard-implementation)

・有線網におけるIPv6の段階的導入
  (draft-kuarsingh-wireline-incremental-ipv6)

・一般家庭向けWi-Fiサービスのサービスプロバイダーアーキテクチャ
  (draft-gundavelli-v6ops-community-wifi-svcs)

・コアネットワークでのリンクローカルアドレスのみの使用について
  (draft-behringer-lla-only)

それぞれの項目の詳細については、発表資料等をご覧ください。

□ v6ops WG
   http://datatracker.ietf.org/wg/v6ops/charter/

□ 第83回 IETF v6ops WGのアジェンダ
   http://www.ietf.org/proceedings/83/agenda/v6ops.html

□ 第83回 IETFの発表資料等
   https://datatracker.ietf.org/meeting/83/materials.html

                  ◇              ◇              ◇

vol.961とvol.962の2号にわたり、NTTサービスインテグレーション基盤研究
所の藤崎智宏氏より、IPv6関連WG報告として、6man WGとv6ops WGの活動につ
いてご紹介いただきました。

次号では、富士通株式会社の松平直樹氏より、同じくIPv6に関連したWGの一
つである、softwire WGについてご報告いただきます。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/962/f478c17ea0d3dc2f7f53226bf770a479 ┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/962/7e13a3b8041be33c6f74c8b582d8fa19 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.962 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml  :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2012 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.