メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲        ◆ JPNIC News & Views vol.1219【臨時号】2014.8.12 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.1219 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号では、本年2014年9月に開催予定のInternet Governance Forum (IGF)を
ご紹介します。IGFは、インターネットガバナンスについて議論を行う、国際
連合主催の会議です。あまり馴染みがないかもしれませんが、本稿をきっか
けに、IGFやインターネットガバナンスを、より身近に感じていただければと
思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ IGF 2014のご紹介
                            JPNIC インターネット推進部/IP事業部 奥谷泉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Internet Governance Forum (IGF)は、誰でもが自由に参加でき、インター
ネットガバナンスについて議論を行うカンファレンスとして、今年2014年は
トルコ・イスタンブールで9月に開催される予定です。

筆者は、そのIGFのプログラムの検討を行う、2014年のMultistakeholder 
Advisory Group (MAG)メンバーを務めていることから、2014年のIGF (IGF 
2014)についてお伝えしたいと思います。

まずはその前に、簡単にIGFそのものについてご紹介します。


■ IGFとは

IGFの正式名称は、Internet Governance Forumです。国際連合主催の会合で、
その名の通り、インターネットガバナンスに関する課題について、参加者間
で議論を行うカンファレンスです。

大きな特徴は、誰もが自由に参加できることで、IGFは何らかの決定を行う場
ではないとし、対話を重視している点です。つまり、インターネットに関与
する、異なる立場のステークホルダー(政府関係者、技術者、学者、市民社
会、企業など)に対して、相互対話の場を与えるものとして設定し、政策の策
定や執行が必要な場合は、IGFでの検討を経た上で、それぞれのステークホル
ダーの権能に従って行われるものとしています。

2006年の第1回からこれまでに至る、IGFの詳しい経緯に興味のある方は、
「インターネットガバナンスとは何か」をご覧ください。

  インターネットガバナンスとは何か
  https://www.nic.ad.jp/ja/governance/about.html


■ IGF 2014の特徴

IGF 2014の特徴は、例年よりもアウトプットを重視している点です。

IGFは、対話を重視し、交渉の場としないことから決議を採らないとしていま
すが、これに対して、「IGFは言いっ放しで終わっている」、「課題への具体
的な成果につながらない」、といった批判を一部から受けてきました。

今年2014年は、世界情報社会サミット(WSIS)の開催から10年を経て、その成
果を振り返る「WSIS+10」(*1)や、インターネットガバナンスにおける原則を
文書化したNETmundial(*2)が開催されたこともあり、IGFに対して、より具体
的なアウトプットへの期待が、一部の関係者から寄せられています。IGFのプ
ログラム検討を行っているMAGにおいても、IGFの成果をもっと具体的に見せ
る改善の必要性が、多くのメンバーから表明されています。

このような背景から、今年は、対話を重視するIGFの特性は維持しながらも、
議論の内容を具体的に提示し、政府間組織(IGO)、非政府間国際機構(INGO)、
I*(アイスター)諸団体(*3)、企業や市民社会を代表する団体など、各関係者
の立場から活動する各種機関に対して、文書として配布する取り組みが、い
くつか行われます。

これに伴い、IGFの議論の中で関心のあるトピックスがあった場合、適切な内
容が反映され、関係者に配布されるよう議論を注視していくことが、これま
でよりも重要となりそうです。詳細は、後述の「IGFの改善に向けた取り組
み」でご紹介します。

(*1) WSIS+10 High-Level Event Outcomes
     http://www.itu.int/wsis/review/2014.html

(*2) NETmundialとは
     https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/NETmundial.html

(*3) I*(アイスター)
     インターネットの技術基盤の調整に責任を持つ諸団体


■ IGF 2014のテーマ

今年は、「Connecting Continents for Enhanced Multistakeholder Internet
Governance(マルチステークホルダーによる協力の拡張に向けて大陸をつなげ
る)」が、メインテーマとして選ばれました。これには、インターネットガバ
ナンスについて、議論が行われているさまざまな場をつなげていく、という
意味合いが込められています。

これに加えて八つのサブテーマがあり、メインテーマよりも踏み込んだ課題
を提示しています。これらのテーマは、その時々で着目されている課題をテー
マとして取り上げているため、どういう課題が着目されているのか目安にし
やすいかと思います。サブテーマの一覧は、次をご覧ください。

  Proposed Overaching Theme and Sub Themes for IGF 2014
  http://www.intgovforum.org/cms/component/content/article/127-workshop-proposals/1583-main-theme-and-sub-themes


■ プログラムの選考

プログラムの選考は、MAGが行います。MAGは、ステークホルダーグループ(政
府、学術、市民社会、企業、技術コミュニティ)や性別、地域などのバランス
を考慮して国連事務局により選任され、約50名のメンバーにより構成されて
います。

  About the MAG
  http://www.intgovforum.org/cms/magabout

MAGの中で、存在感を示しているのは米国です。国別では最多となる7名のメ
ンバーが選出されており、Google社、Microsoft社といった企業や、米国商務
省電気通信情報局(NTIA)のベテラン担当官が参加し、官民ともにコミットし
ていることが感じられます。

今年は合計208件の応募があり、これを約半数までに絞るようMAGメンバーが
選考を行いました。選定基準は内容だけではなく、途上国からの応募、初応
募といった要素も加味された上で採点されます。地域別に見ると、東アジア
は相対的に応募数が少ない中、中国が今回積極的に提案を提出し、一部のMAG
メンバーの中で着目されていました。

  応募されたセッションと選考結果:
  http://www.intgovforum.org/cms/147-igf-2014/1851-igf-2014-workshop-status

プログラムの検討にあたり、MAGでの議論を知りたい場合、MAGメンバー以外
でも状況が追えるようになっています。例えば、対面でのMAG会議ではオンサ
イト・リモートいずれの方法で誰もが参加し、コメントを行うことが可能で
す。ただし、プログラムの選定はMAGメンバーのみが行います。また、メーリ
ングリストのアーカイブと会議記録も、誰もが参照できるようにIGFのWebサ
イトで公開されています。

  http://mail.intgovforum.org/pipermail/igfmaglist_intgovforum.org/


■ プログラムの見どころ

セッションの目的に応じて、セッションの検討と選定方法が異なり、内容も
多様なセッションが開催されることは、IGFのプログラムの特徴でもありま
す。

MAGメンバーが、サブテーマに基づき企画するメインセッションは、今年のイ
ンターネットガバナンスにおける主な課題と、異なる立場からの意見を確認
する上で、お勧めです。前項で紹介した通り、公募に基づき選定されるワー
クショップは、多くの場合、メインセッションよりも、応募者の視点で個々
の課題に踏み込んで議論をするので、特に興味があるトピックスがあれば、
議論を聴いたり、意見を述べやすいのではないかと思います。

メインセッションの中で、特に今年らしいものは、以下の3セッションです。

  ・IANA機能の監督権限移管
    - NTIAの発表を受け、IGFでも議論を予定しています
  ・ネットワークの中立性(Network Neutrality)
    - NETmundialでは結論が出ませんでしたが、重要なトピックとしてIGFの
      メインセッションとして取り上げられました
  ・インターネットガバナンスの今後のあり方・IGFの役割
    - WSISから10年が経過し、その成果の見直しが進められている中、IGFの
      継続や改善も含めて、継続課題にどう取り組んでいくべきか議論を行
      います

また、今年の新たな試みとして開催されるBest Practices Forumは、MAGで検
討したそれぞれのテーマごとの最適事例を紹介し、文書化するというセッショ
ンです。既に、テーマごとにメーリングリストで議論が始まっており、関心
のあるトピックがあれば、適切な事例が反映されるよう議論に参加すること
が重要になってきます。トピックスとしては、「spam等望まれていない通信
への規制や回避策」、「コンピュータ緊急対応チーム(Computer Emergency 
Response Team; CERT)の設立」など、ネットワーク運用にも関わりのあるテー
マも挙げられています。詳細は次項をご覧ください。

  Draft Programme(執筆時は基本構成のみ公開、公募セッション未掲載)
  http://www.igf2014.org.tr/programme.html


■ IGFの改善に向けた取り組み:議論の文書化・関係者への配布

MAGでのIGFの改善に向けた議論を踏まえ、議長のJanis Karklins氏が提示し
ている取り組みを、簡単にご紹介します。

  ◇ Best Practices Forumの開催

     前述の通り、五つのトピックスにおいて開催、各セッションのまとめを
     文書化して、配布物とする。これにより、実践的な参考情報を提供する
     ことをめざす。

     1.マルチステークホルダによる意義のある参加メカニズムの構築
     2.望まれていない通信への規制と回避策(例:spam)
     3.インターネットセキュリティのためのCERTの設立と支援
     4.ローカルコンテンツの策定を実現するための環境
     5.オンライン上での児童保護における最適な事例

    事例の提出先:discussion_questions@intgovforum.org
    テーマごとのメーリングリスト:http://www.intgovforum.org/cms/open-call-to-join-igf-best-practices-forums-preparatory-process

  ◇ IGFの有効事例の募集

    MAG議長の名の下で、有益な政策や取り組みにつながった事例を募集(募
    集期間終了済み)し、取りまとめた結果をIGFで発表予定。

  ◇ 結果の取りまとめの改善

    メインセッションのテーマにおける設問、合意事項、合意されなかった
    事項をまとめ、結果がより明確な形で提示する。議長より、Way Forward
    として推奨をまとめ、地域や国レベルのrIGFやnational IGFにも参考と
    して共有する。地域・国レベルでの取り組みを翌年のグローバルIGFで共
    有することも検討する。

  ◇ 結果の能動的な共有

    政府間組織(IGO)、非政府間国際機構(INGO)、I*(アイスター)等の技術コ
    ミュニティの団体、主な市民社会団体などへ結果を共有し、それぞれの
    コミュニティへの周知を依頼する。

基本的には、主なセッションでの議論を文書に取りまとめ、さまざまな立場
の関係機関に配布することで、それぞれの立場から、対策を検討する上での
参考としてもらえることを、念頭に置いています。

特に、Best Practices Forumは、メーリングリストでの議論が現在進められ
ており、誰でも登録・議論への参加が可能です。アーカイブも参照できます
ので、興味のあるトピックスがありましたら、ご覧になってみてください。


■ もっと知りたい・関わりたいと思ったら

国内において情報交換・議論を行う場として、「日本インターネットガバナ
ンス会議(IGCJ)」が発足しました。次回の会合は8月19日(火)の開催を予定し
ており、参加登録を受付中です。また、参加者間で情報共有を行うメーリン
グリストも設置されていますので、ぜひご登録ください。

  「日本インターネットガバナンス会議(IGCJ)」発足のお知らせおよびIGCJ
  第2回会合のご案内
    https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2014/20140724-02.html
  日本インターネットガバナンス会議(IGCJ)のメーリングリスト
    https://www.nic.ad.jp/ja/governance/igconf/mailing-list.html


■ IGF 2014の開催概要

ここまでのご紹介の通り、2014年のIGFは、これまでよりも踏み込んだ形で、
議論の文書化・共有が行われますので、関わりのあるトピックスがあれば、
議論を追ってみてはいかがでしょう。現地で参加することは難しいけれど、
議論を聴いてみたいという方には、多くのセッションでリモート参加の仕組
みが提供されています。

  期間:2014年9月2日(火)~5日(金) (Day0:9月1日)
  会場:トルコ・イスタンブール
        http://www.igf2014.org.tr/venue.html
  プログラム基本構成:
        http://www.igf2014.org.tr/programme.html
  参加登録:
        http://www.intgovforum.org/cms/igf2014
  公式Webサイト
        IGF2014への参加に特化した情報 (ホスト国が運営)
        http://www.igf2014.org.tr/index.html
        IGF全般に関する情報 (国連事務局の運営)
        http://www.intgovforum.org/cms/igf-2014-istanbul

一方で、現時点で直接IGFの議論を追うよりも、まずは国内での情報提供、議
論の場に参加していきたい、またはインターネットガバナンスの議論に強い
関心を持たない方も、いらっしゃるだろうことも想像します。まずは、本稿
をきっかけに、「その気になれば誰もが参加できる場が存在し、そのプログ
ラムの検討プロセスも広く開かれて、興味があれば誰でも知ることができる」
ことを頭の片隅に置いていただければ、十分うれしく思います。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             https://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1219/096ebeb16a65d1eb99e128d8d1b2bce8┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1219/d37f545238a172865db34476f296e08f┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  ::::: https://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト :::: https://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.1219 【臨時号】

 @ 発行  一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
          101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル4F
 @ 問い合わせ先 jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
            本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
        https://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  https://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2014 Japan Network Information Center
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.