メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.18/2000年12月発行

4 JPNICからのお知らせ English Page

4-1  WHOIS 表示内容の一部変更について

1. 背景

JPNICでは、ドメイン名情報およびIPアドレス情報の取り扱いについての新ポリシーを策定いたしました。あわせて従来JPNICデータベース登録フォームとして利用いただいていたWHOISの表示内容の変更を、8月30日と11月1日の2回に分けて実施いたしました。

2. 変更内容

8月30日の変更内容

  • ドメイン情報
    • s. [使用IPネットワーク] を廃止しました。
  • 担当者情報(JPNIC個人情報)
    • e. [NICハンドル]を廃止しました。
    • h. [郵便番号]、i. [住所]、j. [Address]を非公開としました。
    • 登録担当者、運用責任者の o. [電話番号]、p. [FAX番号]を非公開としました。
    • 担当者情報の登録内容変更に関しては「JPNICデータベース登録・変更ガイド : 一般向け」※1をご参照ください。
  • 接続情報
    • r. [接続ドメイン名] の重複を除いてアルファベット順表示に変更しました。

11月1日の変更内容

  • ドメイン情報
    • 以下の項目を非公開としました。
      o.[サービス提供者名]、
      q.[登記年月日]、r.[登記地住所]、
      w.[代表者]、x.[副代表者]、t.[代表法人名]、u.[副代表法人名]
      h.[郵便番号]、i.[住所]、j.[Address]
  • ネットワーク情報
    • 以下の項目を非公開としました。
      h.[郵便番号]、i.[住所]、j.[Address]
  • ドメイン名の正引きネームサーバ設定およびIPアドレスの逆引きネームサーバ設定については、「ドメインネームサーバの設定手続きについて」※2をご参照ください。

3. WHOIS の表示内容変更に伴う影響

これまでWHOISの表示内容は、変更・登録手続きの際に使用していただくJPNICデータベース登録フォームと同じ形式でしたが、この度の変更により登録フォームと異なる形式になりますのでご注意ください。

4. 開示請求受付開始

11月1日より、所定の手続きにて請求があった場合、登録情報の内容を書面で回答することとなりました。

詳しくは以下の URL の「JPNICデータベースの情報公開について」※3をご覧ください。

5. 関連資料

6. 問い合わせ先

query@db.nic.ad.jp
JPNIC 事務局 データベース担当

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.