メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.21/2002年7月発行

.jp ccTLDスポンサ契約締結およびJPドメイン名業務移管について

2002年2月27日(米国西海岸時間)に、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)とICANNの間で、「ccTLDスポンサ契約」が締結されました。

ccTLDスポンサ契約とは、ICANNと各国ccTLD管理組織が結ぶドメイン名管理委任契約のことです。これまで各ccTLD管理組織は、明文の契約書が無いままに、IANAが歴史的に行ってきた委任に基づいて、当該ccTLDの登録管理とそのDNS運用を行ってきましたが、現在IANAの機能を担っているICANNは、これらの組織と明文のccTLDスポンサ契約を交わし、双方の関係を公式なものとすることで、それぞれの責務と権限を明確にすることを目標としています。この.jp ccTLDスポンサ契約は、2001年10月にオーストラリア(.au)が締結したccTLDスポンサ契約に次いで世界で2例目となります。

このccTLDスポンサ契約と、これに先立って2002年1月31日にJPNICとJPRSとの間で締結された「JPドメイン名登録管理業務移管契約」との2つの契約により、これまでJPNICが担ってきたJPドメイン名登録管理業務は、4月1日付でJPRSに移管されました。

このようにして.jpの管理運用を民間会社に移すことにより、エンド・ユーザーのさまざまなニーズへの対応が期待できます。その一方で、JPNICが日本政府と協力してJPドメイン名の公共性を担保することが、.jp ccTLDスポンサ契約に規定されています。エンド・ユーザーにとっては、JPドメイン名の利便性が高まり、また公共性も保証される体制が実現することになりました。

JPドメイン名登録管理業務移管後の関係
JPドメイン名登録管理業務移管後の関係

また、この業務移管により、これまでJPNICが行ってきたJPドメイン名の登録管理・運用サービスは、同日よりJPRSが提供することになりました。JPドメイン名に関する各種申請や問い合わせについても、同日以降、JPRSが窓口サービスを担当します。

なお、JPドメイン名の登録管理業務およびそれに付随する業務の一部は、指定事業者に委託されています。この制度により、指定事業者を利用して登録が行われたドメイン名に関しては、引き続き、その指定事業者が登録者に対する窓口サービスを提供いたします。

JPドメイン名の登録管理業務はJPRSへ移管されましたが、JPNICでは引き続き、JPドメイン名の公共性の維持業務、JPドメイン名紛争処理方針の策定および関連業務、JPドメイン名レジストリデータのデータエスクロー関連業務、ドメイン名全般についての情報センター業務、ICANNを中心とする国際的なドメイン名のルール作りへの参画、ドメイン名およびDNSに関する調査研究といったドメイン名事業を行っていきます。

2002年4月1日以降のJPドメイン名登録管理業務体制
2002年4月1日以降のJPドメイン名登録管理業務体制

参照URL

JPRSとICANNが.JPについてのccTLDスポンサ契約を締結
http://www.nic.ad.jp/ja/pressrelease/2002/20020228-01.html
ICANNアナウンスメント和訳:auDAとccTLD契約締結
http://www.nic.ad.jp/ja/translation/icann/doc/20011025-auDAccTLD.html
「.JP」の登録管理・運用サービスがJPNICからJPRSへ
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2002/20020401-01.html

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.