メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

ニュースレターNo.35/2007年3月発行

JPNIC DRP検討委員会の取り組み
シンポジウム「ドメイン名紛争のガバナンス~JP-DRPの現状と課題~」開催報告

2006年11月1日(水)、東京・田町のキャンパス・イノベーションセンターでJPNIC主催、立教大学ビジネスロー研究所協力にて、シンポジウム「ドメイン名紛争のガバナンス~JP-DRPの現状と課題~」を開催しました。

2007年4月1日のADR法(裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律)施行を前にADR(Alternative Dispute Resolution)が注目される昨今、ADRの一つと言えるJP-DRP※1に則り実施されているJPドメイン名に関わる紛争処理について、第一線の専門家の方々をお迎えし議論の場を持つことができました。朝10時から夕方18時までと長時間にわたるイベントでしたが、活発な議論があり大変盛況のうちに幕を閉じました。

ドメイン名登録に関係するJP-DRPですが、詳しくない方もいらっしゃるかもしれませんので、本稿では簡単にJP-DRPについてご説明します。

JP-DRPとは、不正の目的によるJPドメイン名の登録・使用があった場合に、権利者からの申立に基づいてそのドメイン名を取消または移転するための紛争処理手続のことです。

写真:会場内風景
JPNIC DRP検討委員会の委員である早川、島並両氏より、 JP-DRPの概要と裁定の特徴について説明がありました

JP-DRPは、1999年10月にICANNにおいて策定された統一ドメイン名紛争処理方針(UDRP)※2をモデルとしています。UDRP策定の背景には、インターネットが飛躍的に発展・普及し、ドメイン名が識別子としての機能だけではなく商業的な価値を有すると見なすユーザーが増えてきたことに伴い、.comや.netなどのgTLDの利用において、ドメイン名と商標を巡る紛争が国際的な問題に発展するケースが見られるようになった状況があります。それらの問題に、裁判と比べて低費用・短期間・簡易な手続きで対応するため、UDRPが策定されました。

その頃のJPドメイン名の状況は、「一組織一ドメイン名」や「ドメイン名の移転禁止※3」の原則を採用してきたこともあり、ドメイン名紛争は顕著化していませんでした。しかし一方で、これらの原則の緩和・撤廃を求めるユーザーの声が出てきたこともあり、それらに応えて移転の自由化や一組織が複数のドメイン名登録を可能とするためには、ドメイン名紛争の処理体制の整備を急務とする認識が高まってきました。

そこで、JPNICでは1999年12月に「ドメイン名の紛争解決ポリシーに関するタスクフォース(DRP-TF)」を結成し、JP-DRPの策定が進められました。途中、パブリックコメントの募集や理事会承認を経て、2000年10月に実施されました。(なお、このJP-DRPの策定に伴い、ドメイン名の移転は原則自由化※4されています)

2004年11月には、それまでの裁定例を法学的見地から検討する専門家チームを結成し、活動の成果を2006年3月にJP-DRP裁定例検討最終報告書※5としてJPNIC理事会に提出すると同時に、JPNICのWebで一般向けにも公開しました。この活動は、裁定例の検討のみならずJP-DRPの在り方を考えるきっかけとなり、JP-DRP改訂などを検討するために、2006年8月にDRP検討委員会を設立しました。

このような背景のもと、本シンポジウムの第3セッションでは、DRP検討委員会よりJP-DRP改訂の中間答申案を報告させていただきました。参加者の皆様と活発な意見交換を行うことができ、貴重なコメントを頂戴する機会となりました。シンポジウムでいただいたご意見は、JP-DRP改訂に向けたその後の検討の参考とさせていただき、2007年1月に公開された改訂案に反映されています。

シンポジウム
「ドメイン名紛争のガバナンス~JP-DRPの現状と課題~」
日時: 2006年11月1日(水) 10:00~18:00
会場: キャンパス・イノベーションセンター 国際会議室
プログラム(以下敬称略):
 Opening Remarks:後藤滋樹、松尾和子
第1セッション: 「JP-DRPとは何か」
座  長:植村昭三
報  告:早川吉尚、島並良
コメント:山田文、佐藤恵太
第2セッション: 「JP-DRPを巡る手続的諸問題」
座  長:花水征一
報  告:山内貴博、上野達弘
コメント:矢部耕三、田中正治
第3セッション: 「JP-DRPの改革」
座  長:久保次三
報  告:丸山直昌、早川吉尚
コメント:松尾和子 、道垣内正人

※1 ドメイン名紛争処理方針(DRP)
http://www.nic.ad.jp/ja/drp/
JPドメイン名紛争処理方針
http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-00816.html
JPドメイン名紛争処理方針のための手続規則
http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-00817.html
※2 統一ドメイン名紛争処理方針(UDRP)
http://www.icann.org/dndr/udrp/policy.htm
※3 JPNIC NewsLetter No.8 「JPドメイン名の譲渡禁止」
http://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No8/sec022.html
※4 JPドメイン名紛争処理方針の新設および登録規則の改訂について
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2000/20000719-01.html
※5 JP-DRP裁定例検討最終報告書
http://www.nic.ad.jp/ja/drp/JP-DRP_team_finalreport.pdf

(JPNIC インターネット推進部 高山由香利)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ