メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.54/2013年7月発行

Opinion Collection Meeting about Proposal in APNIC 35 Hosted by Policy-WG報告

関連記事「APRICOT 2013/APNIC 35カンファレンス報告 アドレスポリシーに関する動向を中心に」

2013年2月7日(木)に東京・神田のJPNIC会議室で、ポリシーWGの主催により“Opinion collection meeting about proposal in APNIC 35 Hosted byPolicy-WG”と題したイベントを開催いたしました。

本イベントの目的は、日本を含んだRIRコミュニティであるAPNICのポリシーフォーラムによって、次回開催されるミーティングへの提案について、日本のコミュニティ内からのさまざまな意見を伝えるため、意見の収集を行うことでした。ミーティングでは提案内容の説明を行った上で、参加者に自由に意見を述べていただきました。参加者は関係者を除いて8名でした。

この種のイベントは、過去には「IPv4アドレスの移転」に関する提案が出たときに「臨時JPOPM(JPNIC Open Policy Meeting)」として開催したことがありますが、それ以来の実施でした。

運営準備段階では、当日の中継は予定していなかったのですが、当日開始直前にJPNIC事務局の協力でUstreamによる中継を実施できることになりました。開始時にIP-Users MLへも情報をお送りしましたが、案内が直前となったことをお詫び申し上げます。

本イベントのWebサイトは次のURLとなります。当日の説明に使った資料も掲載されておりますので、ご参照ください。

Opinion collection meeting about proposal in APNIC 35 hosted by Policy-WG
http://www.jpopf.net/Opinion%20collection%20meeting%20about%20proposal%20in%20APNIC%2035%20hosted%20by%20Policy-WG

提案とご意見について

今回のイベントでは、次の2件の提案について意見収集を行いました。

prop-105: Distribution of returned IPv4 address(Modification of prop-088)

prop-106: Restricting excessive IPv4 address transfers under the final /8 block

prop-105は、APNICへ返却されたIPv4アドレスの分配ポリシー見直しについての提案です。APNICへ返却されたアドレスは、現在は、グローバルポリシー※1によってどこかの地域インターネットレジストリ(RIR)の在庫が/9を切った後、IANAからRIRへ均等に再分配されることとなっています。prop-105では、現在IPv4アドレスを必要としている事業者への追加の分配を可能とするため、IANAからRIRへの再分配が行われた際に、すでに103/8からの分配を受けている組織が、そのアドレスブロックの中から最大/22までの分配を受けられることを提案しました。

提案に対しては、さらなるIPv4アドレスの需要に応えるために、あるいは返却されたIPv4アドレスを死蔵させないために、このような仕組みを作ることを支持する意見が複数寄せられました。

また、prop-106は、アジア太平洋地域における最後の/8ブロック※2である、103/8からのIPv4アドレスの移転を制限することを目的とした提案です。103/8からは、現在、1組織につき/22までのアドレスの分配を受けられることとなっていますが、分配を受けた後すぐに移転をしたり、逆に移転を受けてアドレスを集めたりというケースがあり、問題視されています。そうしたケースを防ぐため、

  • 103/8から分配を受けたアドレスは2年間移転不可とする
  • 103/8から分配を受ける際には10年分の維持料をデポジットとして納入し、移転した場合には返却する

の2点が具体的な提案の内容です。この提案については、問題意識に対する賛同は多く示されましたが、組織合併等、悪意のないケースもあると考えられることや、実効性に乏しいと思われることなどを理由に、提案そのものについての支持は強くなかったようです。

前述の通り、本イベントの目的は「意見を集めること」であって、日本のコミュニティとして意見を一つにまとめることではなかったため、ミーティング中でのコンセンサスの確認は行わず、賛成や反対の意見の表明は各自がAPNICのフォーラムへ参加した上で、個別に行っていただくことをイベント内でお願いしました。

参加者から集まった具体的な意見※3は、英訳した上でAPNICのオンラインフォーラムであるPolicy-SigのMLへ投稿しました。

提案についての意見収集の他、APNIC 35カンファレンスの概要説明も行いました。

写真:Opinion Collection Meeting about Proposal in APNIC 35 Hosted by Policy-WG会場の様子
●Opinion Collection Meeting about Proposal in APNIC 35 Hosted by Policy-WG会場の様子

ミーティングを振り返って

アジア太平洋地域のポリシーは、日本国内のポリシーにも大きな影響を与えることになります。そのため、日本への情報伝達、国内の意見収集、意見の海外への発信といった活動は非常に重要であると考えています。今回のイベントに参加された方から「継続的な開催を期待している」というコメントをいただくことができました。今後も運営手法を改善しながら継続して実施したいと考えてます。その際には皆様の参加をお待ちしております。

今回、この種のイベントを初めて開催することができました。ご参加・ご発表いただいた皆様、運営にご協力いただいたJPNIC事務局の皆様にあらためて感謝申し上げます。今後もJPOPF(JPNIC Open Policy Forum)の活動への理解と支援をいただきますようお願い申し上げます。

(ポリシーワーキンググループ/楽天株式会社 橘俊男)


※1 インターネット用語1分解説:グローバルポリシー(global policy)、地域ポリシー(regional policy)とは
https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/global-policy_regional-policy.html
※2 インターネット用語1分解説:最後の/8ブロックとは
https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/final-slash8.html
※3 prop-105とprop-106に対するご意見
http://www.jpopf.net/prop-105%E3%81%A8prop-106%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%94%E6%84%8F%E8%A6%8B

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.