メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

Q&A-IPv6について

このページに掲載されているのは2012年5月23日時点の情報です。
Q.6-1 IPv6アドレスの割り振りを受けたいのですが、その申請方法について教えてください。
A.6-1 JPNIC管理において割り振りを受けるためには、 IPアドレス管理指定事業者である必要があります。 既にIPアドレス管理指定事業者である場合は、 Web申請システムのIPv6割り振り申請より申請してください。

まだIPアドレス管理指定事業者でない場合は、 下記のURL文書を参照していただき、 IPアドレス管理指定事業者契約を締結した上で、 割り振りを受けてください。
(最終更新日:2005.06.15)


Q.6-2 JPNICでは、IPv6アドレスの割り当てを行っていますか?
A.6-2 JPNICでは、マルチホーム接続を行うネットワーク等、 以下のページに示される一定の技術要件を満たしたネットワークへは IPv6アドレスの割り当てを行っております。 しかしながら、 一般のインターネットユーザーに対する直接の割り当ては行っておりませんので、通常、 IPv6アドレスの割り当てを受けるためには、 接続先のISPへご相談ください。
(最終更新日:2008.12.19)


Q.6-3 IPv6の申請に関わる費用について教えてください。
A.6-3 IPv6アドレスに関わる費用は、 アドレス割り振り時に請求する割り振り手数料とIPアドレス維持料です。

IPアドレス維持料は、 JPNICから割り振られているIPv4アドレスの空間および IPv6アドレスの空間でどちらか一方に対して請求します。

割り振り手数料およびIPアドレス維持料の詳細は以下の文書をご参照ください。
(最終更新日:2005.06.15)


Q.6-4 割り振りを受けた空間は、下位のISPへ再割り振りをすることはできますか。
A.6-4 再割り振りを行うことは可能です。 再割り振りを行った場合は、 その再割り振り情報をJPNICデータベースに登録してください。 なお、 再割り振り先からユーザーに対して割り当てを行った場合もデータベース登録が必要です。 JPNICデータベースへの登録は、 すべてIPアドレス管理指定事業者より行ってください。
(最終更新日:2005.06.15)


Q.6-5 エンドサイトには、/64を割り当てたのですが、JPNICデータベースに登録する必要はありますか。
A.6-5 /64を割り当てる際、JPNICデータベースへの登録は必須ではありません。 /48以上のアドレス空間を割り当てる場合は、 その割り当て情報をJPNIC データベースへ登録する必要があります。 /48より小さいアドレス空間を割り当てる場合、 その割り当てに関する情報をデータベースに登録するか否かは、 割り当てを行うIPアドレス管理指定事業者の裁量に委ねられています。
(最終更新日:2008.12.19)


Q.6-6 割り振り情報の登録項目にはネームサーバの項目がありますが、割り振り単位でネームサーバの委譲を受けることはできるのでしょうか。
A.6-6 割り振り情報中のネームサーバの項目に登録されますと、 割り振り単位で委譲が可能です。
(最終更新日:2005.06.15)


Q.6-7 IPアドレス管理指定事業者のインフラネットワークとして、/40を割り当てる予定です。事前に割り当て審議申請(セカンドオピニオン申請)を行い、承認を受けることが必要でしょうか。
A.6-7 IPアドレス管理指定事業者のインフラネットワークに対して、 /48を超える割り当てを行う場合は、 事前に割り当て審議申請(セカンドオピニオン申請)は必要ありません。 割り当て審議申請が必要となる場合は、 エンドサイトに/48を超える割り当てを行う場合、 もしくはエンドサイトに追加で/48の割り当てを行う場合です。
(最終更新日:2005.06.15)


Q.6-8 逆引きには、.ARPAドメインと.INTドメインがあります。ネームサーバを登録した場合は、.ARPAと.INTの両方が登録されるのでしょうか。
A.6-8 .ARPAドメインのみが登録されます。 新規の.INTの登録はサポートしておりませんのであらかじめご承知おきください。
(最終更新日:2005.06.15)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。