メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2014年1月6日

プロバイダ非依存アドレスおよびAS番号割り当て組織各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

PIアドレス・AS番号管理に利用するID・パスワード認証廃止のご連絡
~プロバイダ非依存アドレスおよびAS番号割り当て組織の皆様へ~

JPNICでは、 2013年12月27日をもって特殊用途用プロバイダ非依存アドレスおよび歴史的経緯をもつプロバイダ非依存アドレス(以下、 プロバイダ非依存アドレス)とAS番号割り当て組織からのID・パスワードを利用した申請を廃止いたしました。 今後は、 JPNICにIPアドレス・AS番号に関する申請をいただく際は、 電子証明書の利用が必須となります。

なお、このたびのID・パスワードを利用した申請の廃止に伴い、 関連するJPNIC文書を改定し、 本日(2014年1月6日)施行いたしました。

本件に関してご不明な点は、下記の窓口までお問い合わせください。

電子証明書の発行方法

電子証明書には、 資源管理者証明書と資源申請者証明書の2種類がございます。 両方の電子証明書の発行を行っていただけますようお願いいたします。

【1】資源管理者証明書の発行方法

資源管理者証明書は、 JPNICとの契約および経理担当者に関する情報、 IPアドレスやAS番号などのネットワーク資源の管理に関する情報の変更に利用します。

資源管理者証明書の発行は、 「資源管理者証明書発行用証明書入手コード取得申請フォーム」に必要事項を記入のうえ、 JPNICまで電子メールでご申請ください。

「資源管理者証明書発行用証明書入手コード取得申請フォーム」など、 電子証明書に関する手続は、以下のJPNIC文書をご確認ください。

※上記の発行方法および「資源管理者証明書発行用証明書入手コード取得申請フォーム」は「4. 資源管理者証明書に関わる手続き方法」に詳細を説明しております。

【2】資源申請者証明書の発行方法

資源申請者証明書は、 IPアドレスのネットワーク情報の変更や逆引きネームサーバの追加・削除、 AS番号の登録情報変更、 担当者(担当グループ)情報の登録等に利用します。

資源申請者証明書は、 資源管理者証明書を利用して発行手続を行います。 詳細は、下記のマニュアルをご参照ください。

※上記のマニュアルは、 電子証明書の利用方法等について説明しております、 当センターのWebページ「申請における認証について」にも掲載しております。 あわせてご参照ください。

プロバイダ非依存アドレスおよびAS番号における電子証明書による申請者認証の対象

  • Web申請システムを利用したプロバイダ非依存アドレスおよびAS番号に関する申請
  • 電子メールを利用した特殊用途用プロバイダ非依存アドレス割り当て情報変更申請(IPv6アドレス用)
  • 担当者情報・担当グループ情報削除手続き

2014年1月6日(月)より有効となったJPNIC公開文書

参考情報

本件に関するお問い合わせ窓口

JPNIC IPアドレス担当:ip-service@nir.nic.ad.jp

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ