メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

申請における認証について

認証について

JPNICでは、 IPアドレス・AS番号に関する情報の意図しない登録・変更を防ぎ、 更新権限を明確にするため、 IPアドレス管理指定事業者が管理するIPv4アドレスまたはIPv6アドレスに関する申請手続き、 特殊用途用プロバイダ非依存アドレスおよび歴史的経緯をもつプロバイダ非依存アドレス(以下、PIアドレス)およびAS番号に関する申請手続きにおいて電子証明書による申請者の認証を行っています。

認証の利用方法

申請手続きや参照したい情報の種類によって、 ご利用になる電子証明書の種類が異なります。 詳しくは以下の表をご覧ください。

業務内容 利用できる認証情報
  • 契約者情報・資源管理者情報の確認・更新
  • 自組織で管理する資源情報の確認
  • JPNICからの請求金額の確認
資源管理者証明書
  • IPアドレス、AS番号に関連する申請
  • 担当者情報、担当グループ情報の登録と更新
  • JPNICデータベース登録内容の参照
資源申請者証明書

(注意1)
電子証明書は管理する資源(IPv4、IPv6、 AS番号など)に対して、個別に発行しています。 例えば、AS番号の管理用に発行された電子証明書では、 IPv4アドレスに関する申請を行うことはできませんので、 ご注意ください。

電子証明書について(IPアドレス管理指定事業者)

JPNICよりIPアドレス管理指定事業者に対して発行する電子証明書(資源管理者証明書)は、 IPアドレス管理指定事業者契約締結時に発行しています。 また、現在、 電子証明書の発行をうけていないIPアドレス管理指定事業者は、 所定の手続きをお取りいただくことにより電子証明書の発行を行います。

IPアドレス管理指定事業者は、 JPNICより発行された電子証明書(資源管理者証明書)を利用して、 各種申請業務に必要な電子証明書(資源申請者証明書)を発行してください。

証明書関係図
図1 証明書関係図(IPアドレス管理指定事業者)

資源管理者証明書の発行について

JPNICでは、 資源管理者情報一つにつき資源管理者証明書を1枚発行します。 発行された資源管理者証明書を資源管理カードに格納して提供します。 資源管理カードは、 IPアドレス管理指定事業者としての資源管理情報中に登録されている資源管理責任者に送付します。

資源管理者証明書の発行に際しては、書面による申し込みが必要です。 以下の書類をJPNICまで提出してください。 申込書の記入方法や書類提出先などの詳細については、 「電子証明書を用いた申請者認証について(IPアドレス管理指定事業者用)」 をご覧ください。

  1. 資源管理者証明書発行申込書(151KB)
  2. 認証デバイス借用書(73.4KB)
  3. 申込者の身分証明書等の写しなど、申込者が当該IPアドレス管理指定事業者に所属することを確認できる書類

資源管理者証明書の利用の際には、 ご利用のパソコン等に初期設定が必要です。 設定の際には以下をご覧ください。

動作環境について

2014年4月現在、 動作することが確認されたユーザーの種別ごとの利用環境をご説明します。 「資源管理者」は資源管理カードを利用するユーザーです。 通常のIPアドレスに関する申請業務は「資源申請者」の利用環境で行います。 なお、この環境の利用を推奨するものでも、 動作を保証するものでもありません。 他にも動作環境に関する情報がございますので、 詳しくはお問い合わせ窓口までおたずねください。

  • 資源管理者(資源管理カードを利用するユーザー)
    • Windows 8
      • Internet Explorer 10(券面の番号が09Aで始まるカード)
    • Windows 7
      • Internet Explorer 11(券面の番号が09Aで始まるカード)
      • Internet Explorer 10(券面の番号が09Aで始まるカード)
      • Internet Explorer 9(券面の番号が09Aで始まるカード)
      • Internet Explorer 8(券面の番号が09Aで始まるカード)
      • Firefox 28.0
    • Mac OS X 10.9.2
      • キーチェーンアクセス バージョン 9.0
      • Safari バージョン 7.0.3
      • Firefox 28.0
    • Mac OS X 10.8.4
      • キーチェーンアクセス バージョン 7.0
      • Firefox 22.0
  • 資源申請者(資源管理カードを利用しないユーザー)
    • Windows 8
      • Internet Explorer 10
    • Windows 7
      • Internet Explorer 11(一部の種類で動作が確認できていないものがあります)
      • Internet Explorer 10
      • Firefox 28.0
    • Windows Vista Ultimate SP2
      • Internet Explorer 8
      • Firefox 3.6.11
    • Debian GNU/Linux 5.0
      • Firefox 3.0.6
    • Mac OS X 10.9.2
      • キーチェーンアクセス バージョン 9.0
      • Safari バージョン 7.0.3
      • Firefox 28.0
    • Mac OS X 10.6.4
      • キーチェーンアクセス バージョン 4.1
      • Safari バージョン 5.0
      • Firefox 3.6.11

資源管理責任者が変更になった場合

資源管理責任者が変更となった場合は、 あらかじめJPNICデータベースに登録されている資源管理者情報中の資源管理責任者を最新の内容に変更のうえ、 以下の書類を提出してください。

  1. 資源管理者証明書再発行申込書(154KB)
  2. 認証デバイス借用書(73.4KB)
  3. 申込者の身分証明書等の写しなど、申込者が当該IPアドレス管理指定事業者に所属することを確認できる書類

資源管理責任者が変更となった後も、 現在発行されている資源管理者証明書を継続利用する場合には、 以下の書類を提出してください。

  1. 資源管理者証明書継続利用申込書(74.1KB)
  2. 申込者の身分証明書等の写しなど、申込者が当該IPアドレス管理指定事業者に所属することを確認できる書類

資源申請者証明書の発行について

資源管理責任者は、 JPNICより発行された資源管理カードを用いてIPアドレスに関する各種申請業務に用いるための資源申請者証明書を発行します。 資源申請者証明書の有効期限は、発行日より2年間です。

資源申請者証明書の発行・管理および利用方法は以下をご覧ください。

電子証明書を紛失した場合(電子証明書を失効したい場合)

  • 資源管理者証明書(資源管理カード)を紛失した場合
    資源管理者証明書を紛失した場合には、 速やかにJPNICまでご連絡ください。 手続き方法をご案内します。
  • 資源申請者証明書を紛失した場合
    資源管理者証明書をご利用のうえ、 Web申請システムから資源申請者証明書の失効を行うことが可能です。

電子証明書について(PIアドレス・AS番号割り当て組織)

JPNICより特殊用途用プロバイダ非依存アドレス・AS番号の割り当て組織に対して発行する電子証明書(資源管理者証明書)は、 当該IPアドレス・AS番号割り当て時に、 電子証明書の発行に必要な証明書入手コードを提供しています。 また、現在、 電子証明書の発行をうけていないPIアドレス・AS番号割り当て組織は、 所定の手続きをお取りいただくことにより電子証明書の発行に必要な証明書入手コードを提供します。

PIアドレス・AS番号割り当て組織は、 証明書入手コードを利用して発行した電子証明書(資源管理者証明書)を利用して、 各種申請業務に必要な電子証明書(資源申請者証明書)を発行してください。

証明書関係図
図2 証明書関係図(PIアドレス・AS番号割り当て組織)

資源管理者証明書の発行について

JPNICでは、 資源管理者情報一つにつき資源管理者証明書を発行するために必要な証明書入手コードを一つ提供します。 証明書入手コードを利用して、資源管理者証明書を発行してください。

証明書入手コードの取得に際しては、 資源管理者証明書発行用証明書入手コード取得申請フォームによる手続きが必要です。 下記の資源管理者証明書発行用証明書入手コード取得申請フォームに必要事項を記入して、 お問い合わせ窓口までご連絡ください。 フォームの記入方法等、詳細については、 「電子証明書を用いた申請者認証について(プロバイダ非依存アドレスおよびAS番号割り当て組織用)」 をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------

資源管理者証明書発行用証明書入手コード取得申請フォーム

管理組織名    : 
依頼者氏名    : 

[区分]
□ 特殊用途用プロバイダ非依存アドレス(IPアドレス:________________ )
□ 歴史的プロバイダ非依存アドレス    (IPアドレス:________________ )
□ AS番号                            (AS番号:________ )

【資源管理責任者に関する情報】
Group Contact / Contact Information: [担当グループ情報/担当者情報]
[グループハンドル(またはJPNICハンドル)]  (*1)
[グループ名(または氏名)]
[Group Name(Last, First)]
[電子メール]
[組織名]
[Organization]
[郵便番号]
[住所]
[Address]
[部署]                     (*2)
[Division]                 (*2)
[肩書]                     (*2)
[Title]                    (*2)
[電話番号]
[FAX番号]                  (*2)
[通知アドレス]             (*2)
----------------------------------------------------------------------
            
【資源管理責任者に関する情報】について
(*1):JPNICハンドルまたはグループハンドルを記入してください。 ご担当者がハンドルの割り当てを受けていない場合 (または不明な場合)は「1」と記入してください。
(*2):任意にご登録いただく項目です。 必要に応じて記入してください。 記入されない場合は空欄としてください。
(*2)がついていない項目はすべて記入してください。

資源管理者証明書の利用の際には、 ご利用のパソコン等に初期設定が必要です。 設定の際には以下をご覧ください。

動作環境について

2014年4月現在、 動作することが確認された資源管理者および資源申請者の利用環境をご説明します。 なお、この環境の利用を推奨するものでも、 動作を保証するものでもありません。 他にも動作環境に関する情報がございますので、 詳しくはお問い合わせ窓口までおたずねください。

  • Windows 8
    • Internet Explorer 10
  • Windows 7
    • Internet Explorer 11(一部の種類で動作が確認できていないものがあります)
    • Internet Explorer 10
    • Firefox 28.0
  • Windows Vista Ultimate SP2
    • Internet Explorer 8
    • Firefox 3.6.11
  • Debian GNU/Linux 5.0
    • Firefox 3.0.6
  • Mac OS X 10.9.2
    • キーチェーンアクセス バージョン 9.0
    • Safari バージョン 7.0.3
    • Firefox 28.0
  • Mac OS X 10.6.4
    • キーチェーンアクセス バージョン 4.1
    • Safari バージョン 5.0
    • Firefox 3.6.11

資源管理責任者が変更になった場合

資源管理責任者が変更となった場合は、 証明書入手コード取得申請を行ってください。 なお、既に発行されている資源管理者証明書は、 新たな証明書入手コード取得に伴い、JPNICで失効を行います。

資源申請者証明書の発行について

資源管理責任者は、 証明書入手コードを利用して発行した資源管理者証明書を用いてPIアドレス・AS番号に関するに関する各種申請業務に用いるための資源申請者証明書を発行します。 資源申請者証明書の有効期限は、発行日より2年間です。

資源申請者証明書の発行・管理および利用方法は以下をご覧ください。

電子証明書を紛失した場合(電子証明書を失効したい場合)

  • 資源管理者証明書および証明書入手コードを紛失した場合
    何らかの事情により資源管理者証明書および証明書入手コードを紛失した場合には、 速やかにJPNICまでご連絡ください。 手続き方法をご案内します。
  • 資源申請者証明書を紛失した場合
    資源管理者証明書をご利用のうえ、 Web申請システムから資源申請者証明書の失効を行うことが可能です。

よくある質問と答え

お問い合わせ窓口

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ