メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

「Internet Week 2022 ~インターネットの羅針盤 - 針路を未来に~」
開催のお知らせ

インターネットの基盤技術を支えるイベントである「Internet Week 2022」を2022年11月21日(月)から30日(水)まで開催いたします。

Internet Weekとは?

Internet Weekは、 インターネットに関する技術の研究・開発、構築・運用・サービスに関わる人々が、 最新動向について学び、議論し、理解と交流を深めるための年に1度のイベントです。

第一線でご活躍の講演者をお招きし、チュートリアル、最新動向セミナー、 ハンズオンセミナー等を通じて、 インターネットの最新技術動向をお届けする技術者のための非商用イベントです。

3年ぶりにオフライン会場を設けます!

今年は「オンラインWeek」と「ハイブリッドWeek」の2部構成です。

  • オンライン Week (11月21日・22日・24日・25日)
  • ハイブリッド Week (11月28日・29日・30日)

ハイブリッドWeekについてはオフライン会場(東京大学伊藤謝恩ホール)でのご参加も可能です。 もちろん、過去2年好評をいただきましたオンライン開催の経験を踏まえ、参加形態を問わず、 十分に情報収集や意見交換を行っていただける仕立てとします。

今年のテーマは......

Internet Week 2022のテーマ
「インターネットの羅針盤 - 針路を未来に」

2022年、Internet Weekは26回目の開催を迎えます。 新しい四半世紀のスタートに、改めてそのの役割を考えてみます。 一つ目はいままさに必要とされている正しい情報を伝える場。 次にそのような情報を垣根を超えて共有・議論し、課題解決を図れる場であることです。 そして最後に、技術者目線であることです。

一方で始まった当時と比べると、インターネットを取りまく環境は大きく変わりました。 昨年発足したデジタル庁が「誰一人取り残されない、 人に優しいデジタル化を」と掲げたように、 インターネットはもう「関係者」や「詳しい人」だけのものではありません。

変わらない想いを羅針盤に、日々表情を変える海原をまだ見ぬ方角へ。 さまざまな課題とそれを乗り越えたときに見えるであろう新しい景色に想いを馳せ、 航海を続ける原動力を、今年のInternet Weekが少しでも支えることができましたら幸いです。

公式Webサイトオープン!

Internet Week 2022公式Webサイト
https://www.nic.ad.jp/iw2022/

IPv6、DNS、ネットワークやサーバーの構築/運用、セキュリティ対応など、 定期的にチェックしておきたい事柄から、Web3.0、 国際情勢とインターネットなど今年皆で考えたい話題まで、 多くの内容をお届けします! プログラム公開と参加登録開始は9月末を予定しています。

イベント情報はSNSでも発信します。ハッシュタグは #iw2022jp です。

Twitter : https://twitter.com/InternetWeek_jp
Facebook : https://www.facebook.com/InternetWeek

スポンサー募集中! CM配信、セミナー開催がおすすめです!

今年で26回目を迎える「Internet Week」は、 ネットワークの技術者を中心にインターネットの技術や社会動向に関心を持つ方が一堂に会するイベントです。 直接コアな技術者に訴求できるまたとない機会です。 また、中立性の高いイベントへの協賛は、企業のイメージアップにもつながります。

セミナー開催、休憩時間中のCM配信、メールテキストバナー広告、オフライン会場へのブース出展、 来場者へのパンフレット・ノベルティグッズ配布など、ご予算に応じて対応いたします。 おすすめはセミナー開催とCM配信。 オンライン開催で利便性が向上し、常時300名前後、多いときは400名以上にご覧いただくことが可能です。

詳細はhttps://www.nic.ad.jp/iw2022/sponsor/をご覧ください。

Internet Week 25周年記念企画は引き続きご利用いただけます!

昨年、Internet Weekは25周年を迎えました。 これを記念して二つの企画がスタートしました。

Internet Week Basic オンデマンド
https://internetweek.jp/bo/
いつでもどこでも学べる「Internet Week」です。 11月のInternet Weekは最新動向メインですが、 こちらは基礎的/普遍的な内容を取り上げています。 TCP/IP、IPv6、Wi-Fi、AS運用、RPKIなど、どなたでもご覧いただけます。
Internet Week デジタルアーカイブ
https://s-opac.net/Opac/search.htm?s=EcA3QLDxAcDiHCXU73v5num63Wc
※株式会社OPACのサービスを利用しています。

JPNICに残る過去のInternet Weekの講演資料をキーワード検索できます。 このたび、2022年6月に開催した「Internet Week ショーケース 徳島・オンライン」の講演資料を検索対象に追加しました。

Internet Week 2022 開催概要

正式名称 Internet Week 2022
 https://www.nic.ad.jp/iw2022/

 Twitter : https://twitter.com/InternetWeek_jp
 Facebook : https://www.facebook.com/InternetWeek
       ハッシュタグは #iw2022jp
テーマ 「インターネットの羅針盤 - 針路を未来に」
開催日程 2022年11月21日(月)から30日(水) ※休祝日を除く
[オンラインWeek] 11月21日(月),22日(火),24日(木),25日(金)
[ハイブリッドWeek] 11月28日(月)~30日(水)
会場 東京大学 伊藤謝恩ホール
https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/iirc/ja/access.html
 都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩6分
 東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅 徒歩8分 他
 ※ハイブリッドWeekのみ使用
開催目的
  1. インターネットの発展を推進する
  2. インターネットに関する議論の場・交流の場を提供する
  3. セミナー開催によるインターネット基盤技術の普及を図る
対象者 インターネットの技術者および
インターネット技術と社会動向に興味のある方
内容 インターネットに関するチュートリアル、最新動向セミナー、 ハンズオンセミナー、協賛団体セミナー、BoF等
主催 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
企画 Internet Week 2022 プログラム委員会

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.