メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

インターネットガバナンスフォーラム(Internet Governance Forum, IGF)とは

インターネットガバナンスの問題に関し、マルチステークホルダー(各界関係者)間で政策対話を行う国際連合管轄のフォーラム。2005年11月にチュニジア・チュニスで開催された世界情報社会サミット(World Summit on the Information Society, WSIS)チュニス会合で採択された「チュニスアジェンダ」の中に記され決定しました。第1回のIGFの会合は、2006年6月をめどにギリシャのアテネで開かれることがほぼ決まっています。

インターネットガバナンスの問題は、2003年のWSISジュネーブ会合に端を発し、国連事務総長配下に設置されたワーキンググループ(WGIG)の場での議論を受けて開催された2005年のWSISチュニス会合でも結論は出ず、引き続きIGFに場を移して行われることになります。

参考:
チュニスアジェンダ
http://www.itu.int/wsis/documents/doc_multi.asp?lang=en&id=2267|0(原文)
http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/997626/www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2005/pdf/051119_1_2.pdf(総務省参考訳)

JPNIC News & Views vol.328(2006年1月16日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。