メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

チュニスアジェンダとは

正式名称は「情報社会に関するチュニスアジェンダ(Tunis Agenda for the Information Society)(*1)(*2)」です。 国連のサミットとして2005年にチュニジア・チュニスで国際電気通信連合(International Telecommunication Union; ITU)が開催した、 世界情報社会サミット(World Summit on the Information Society; WSIS)(*3)(*4)チュニス会合で採択された文書です。

チュニスアジェンダとは、WSISでの議論より導き出された具体的課題である、 途上国でのデジタルデバイド解消のための資金メカニズム、 およびインターネットガバナンスについて主に書かれたものです。 インターネットガバナンス、中でも拡大協力(Enhanced Cooperation、後述)について語られる際に、 その根拠としてよく参照されます。本文書での要請により、 インターネットガバナンスフォーラム(IGF、後述)が設立されました。

WSISチュニス会合が開催される2年前の2003年には、 スイス・ジュネーブでWSISジュネーブ会合が開かれました。 このジュネーブ/チュニスの2会合の成果として、 ジュネーブ会合では「基本宣言」「行動計画」が、 チュニス会合においては「チュニスコミットメント」「チュニスアジェンダ」が公表されています。

  • 基本宣言(Declaration of Principles)(*5)
     情報社会に向けた共通ビジョン、および情報社会の基本原則を記載
  • 行動計画(Plan of Action)(*6)
     基本宣言の共通ビジョンおよび基本理念を具体的な行動方針に落とし込んだもの
  • チュニスコミットメント(Tunis Commitment)(*7)
     情報社会の実現に向けた公約を列挙したもの
  • チュニスアジェンダ(Tunis Agenda for the Information Society):
     基本宣言・行動計画に盛り込まれた原則の具体的実施方策、特に積み残し議論となった、以下2、3について記述したもの

チュニスアジェンダの内容は次の四つに大きく分けられます。

  1. イントロダクション(1、2項)
  2. 開発のための資金支援メカニズム(3~28項)
  3. インターネットガバナンス(29~82項)
  4. 実施とフォローアップ(83~122項)

このうち、インターネットユーザーにとって最も重要だと思われるのは、 上記3に含まれる次の点です。

  • マルチステークホルダー原則(37項):
     インターネットガバナンスに関して、政府、ビジネス団体、市民社会、および政府間機関といった、多様な関係者が共同で取り組む必要性を指摘しています。
  • 拡大協力(Enhanced Cooperation)(69、70、71項):
     インターネットの国際公共政策問題に対する、政府の関与の在り方を示す言葉です。「協力強化」「拡張された協力」などとも呼ばれます。
  • インターネットガバナンスフォーラム(IGF)(*8)(*9)の開催(72、73、77項):
     IGFとはマルチステークホルダーによる政策対話のための会合です。既存の仕組み、取り決めもしくは組織に替わるものではなく、対話のための場と位置付けています。

拡大協力に関しては、指し示す内容が曖昧であり、 現状ベースの政府と民間の協力関係の増進を示すとする立場から、 政府や国際機関の権能強化を図るべきとする立場まで、解釈が分かれています。 このため、ITUの会議体では、政府やITUの権能強化をめざす提案をめぐって、 議論が繰り返されています(*10)

IGFは、このチュニスアジェンダで採択された通り、 2006年から5年間の年限で開催された後、さらに5年間の年限延長が行われています。

2015年にはWSISチュニス会合から10年の節目を迎えるに当たり、 国連総会でWSISの成果がレビューされることになっており、上に挙げた拡大協力、 IGFに関しても評価の対象となります(*11)

(*1) TUNIS AGENDA FOR THE INFORMATION SOCIETY
   http://www.itu.int/wsis/docs2/tunis/off/6rev1.html

(*2) 情報社会に関するチュニスアジェンダ(総務省による仮訳)
   http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/283520/www.soumu.go.jp/s-news/2005/pdf/051119_1_2.pdf

(*3) World Summit on the Information Society (WSIS)
   http://www.itu.int/wsis/

(*4) JPNIC News & Views vol.316 世界情報社会サミット(WSIS)報告
   https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/feature/vol316.html

(*5) 基本宣言(総務省による仮訳)
   http://www.soumu.go.jp/wsis-ambassador/pdf/wsis_declaration_jp.pdf

(*6) 行動計画(総務省による仮訳)
   http://www.soumu.go.jp/wsis-ambassador/pdf/wsis_plan_jp.pdf

(*7) チュニスコミットメント(総務省による仮訳)
   http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/258151/www.soumu.go.jp/s-news/2005/pdf/051119_1_1.pdf

(*8) インターネットガバナンスフォーラム(Internet Governance Forum, IGF)とは
   https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/igf.html

(*9) ニュースレターNo.47 IGFとは
   https://www.nic.ad.jp/ja/newsletter/No47/0800.html

(*10) ITUとインターネットガバナンス
   https://www.nic.ad.jp/ja/governance/itu.html

(*11) WSIS+10: WSIS Review Process
   http://www.itu.int/wsis/review/

JPNIC News & Views vol.1106(2013年7月16日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.