メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

RSSACとは

RSSACはRoot Server System Advisory Committee(ルートサーバシステム諮問委員会)の略で、 ICANNが持つ四つの諮問委員会のうちの一つです。 RSSACの役割はICANN付属定款第11章2.3において、 「ICANNコミュニティと理事会に対して、インターネットルートサーバシステムの運用、運営管理、 セキュリティ、完全性に関して助言を行う」と定義されています。

RSSACは、次のメンバーから構成されています。

  • 投票権を持つメンバー
    • 13あるルートサーバの運用組織それぞれの代表者
  • 投票権を持たないメンバー
    • IANA機能運営者(Public Technical Identifiers; PTI)*1の代表者
    • ルートゾーン保守組織(2017年7月現在はベリサイン社)の代表者
    • IAB (Internet Architecture Board)*2からのリエゾン
    • セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)からのリエゾン

ルートサーバ運用組織はそもそも技術的なコミュニティとしてIETF会合などで集まっていたため、 RSSACとしても、かつてはICANN会議の場ではなく、 IETF会合などにあわせてミーティングを実施していました。 しかし、2014年に運用手順を明確に定め、

  1. 各ルートサーバ運用組織からの委員に加え、代理委員制度を新設
  2. ルートサーバ運用組織以外からの参加者も含めた「コーカス(Caucus)」と呼ばれるグループを発足

といった組織改正を行いました。また、RSSACxxxという形で採番された文書シリーズによって、 助言や関連情報、活動報告などの文書を発行するようになったり、月次電話会議が定例化し、 ICANN会議でもミーティングを開催したりするなど、活動が活発化しています。

またRSSACは、ICANN理事会、IANA機能に関する顧客常設委員会(CSC)、 ルートゾーン評価委員会(RZERC)にそれぞれ1名のリエゾンを送っています。

RSSACに関する情報は、https://rssac.icann.org/ に集積されています。

*1 インターネット用語1分解説「PTIとは」
  https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/pti.html

*2 インターネット用語1分解説「IABとは」
  https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/iab.html

JPNIC News & Views vol.1516(2017年7月18日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.