メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

.aeroの運用動向

最終更新 2006年3月28日

(スポンサー組織:Société Internationale de Télécommunications Aéronautiques (SITA))

2006年2月16日 FAAの空港/地名コードを用いた「.aero」ドメイン名の登録開始
SITAは、 これまでのIATA(国際航空運送協会)およびICAO(国際民間航空機関) による空港/地名コードに加えて、 FAA(米連邦航空局)が割り当てている3文字の空港/地名コードを用いた 「.aero」ドメイン名の登録が可能になったと発表しました。  >>ドメイン名トピックス:FAAの空港/地名コードを用いた「.aero」ドメイン名の登録開始
2006年1月11日 新レジストリ運用者がAfiliasに決定
SITAは、「.aero」の新レジストリ運用者としてAfilias社を選定し、 契約を交わしたと発表しました。  >>ドメイン名トピックス:「.aero」の新レジストリ運用者がAfiliasに決定
2004年4月21日 全ての「<航空会社・空港/都市コード>.aero」がアクセス可能に
SITAは、これまで未登録であった2文字の航空会社コード、 3文字の空港/都市コード、 および3文字のIATA(国際航空運送協会)加盟航空会社コードを使用した 「.aero」ドメイン名を全てSITA側で登録し、 ウェブサイトとしてアクセスできる状態にしたと発表しました。  >>ドメイン名トピックス:航空会社・空港/都市コードを用いた全ての「.aero」ドメイン名がアクセス可能に
2004年3月8日 「<3文字コード>.aero」の登録を一時停止
SITAは、これまで期限付き予約を繰り返してきた3文字コードの 「.aero」ドメイン名について、 新ポリシーの導入に備えて短期間登録を停止すると発表しました。  >>ドメイン名トピックス:3文字の「.aero」ドメイン名の登録が一時停止
2002年12月20日 「<3文字コード>.aero」を期限付きで予約
SITAは、Airports Council International (ACI)からの勧告に従い、 3文字コードを使用した「.aero」 ドメイン名を期限付きで予約すると発表しました。  >>詳しくはこちら
2002年11月6日 「<2文字の航空会社コード>.aero」開始
SITAは、 各航空会社のウェブサイトへのアクセスが 2文字の航空会社コードを使用した「.aero」 ドメイン名で行えるようになると発表しました。  >>ドメイン名トピックス:「<2文字の航空会社コード>.aero」がスタート
2002年9月2日 制限なし登録受付開始
SITAは、 優先登録の対象となっていたグループ以外からの登録受付も開始しました。  >>詳しくはこちら
2002年5月2日 第二次優先登録受付開始
SITAは、 第二グループ(航空貨物運送/物流会社やパイロットなど)を対象に、 第二次優先登録受付を開始しました。  >>詳しくはこちら
2002年3月18日 第一次優先登録受付開始
SITAは、第一グループ(航空会社や空港など)を対象に、 第一次優先登録受付を開始しました。  >>詳しくはこちら

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.