メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲        ◆ JPNIC News & Views vol.1206【臨時号】2014.6.26 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.1206 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年3月下旬にシンガポールで開催されたICANN会議を受けて、第39回ICANN
報告会を2014年5月29日に開催いたしましたので、本号ではそのレポートをお
届けいたします。今週の6月22日からは、既にこの次の会合となる第50回ICANN
会議がロンドンで始まっていますが、ICANN関連の現状把握にお役立ていただ
ければ幸いです。

今回の報告会では、前回に続いてICANNの担当者を招いて日本のユーザーとの
意見交換を実施すると同時に、パネルディスカッションを設けてインターネッ
トガバナンスに関する議論を行いました。

なお、ICANNシンガポール会議自体の報告については、vol.1194および
vol.1195で発行しておりますので、そちらも併せてご覧ください。

□第49回ICANNシンガポール会議報告
  ○[前編] 全体概要報告
  https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2014/vol1194.html

  ○[後編] インターネットガバナンス関連の話題
  https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2014/vol1195.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第39回ICANN報告会レポート
                                     JPNIC インターネット推進部 山崎信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年5月29日(木)、東京・六本木にあるシスコシステムズ合同会社 東京本
社会議室にて、JPNICと一般財団法人インターネット協会(IAjapan)の共催で、
第39回ICANN報告会を開催しました。

これは2014年3月23日(日)~27日(木)までの5日間にわたり、シンガポールに
おいて開催された、第49回ICANN(The Internet Corporation for Assigned 
Names and Numbers)会議の内容をご報告するものです。

また、ICANNのアジア拠点であるシンガポールから来日中の、Kelvin Wong氏
にご登壇いただき、ICANNスタッフと日本のユーザーが直接意見を交換する、
貴重な機会ともなりました。


■ プログラム(話者敬称略)

1. ICANNシンガポール会議概要報告
   一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
                                                             奥谷 泉
2. ICANN国コードドメイン名支持組織(ccNSO)関連報告
   株式会社日本レジストリサービス(JPRS)                    高松 百合
3. ICANN政府諮問委員会(GAC)報告
   総務省総合通信基盤局電気通信事業部データ通信課          山口 修治
4. TLD名前衝突(Name Collision)などに関する動向
   一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
                                                             是枝 祐
5. ICANN At-Large Structureについて
   インターネットソサエティ日本支部(ISOC-JP)               藤崎 智宏
6. ICANN in Asia Pacific and Japan
   The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)
                                                         Kelvin Wong
7. パネルディスカッション

本稿では、このICANN報告会でレポートされた各トピックを、「全体概要」
「ccNSO関連報告」「GAC報告」「その他の報告」「ICANNによる発表」「イン
ターネットガバナンスに関するパネルディスカッション」の六つのカテゴリー
に分けて、主なものを取り上げてご紹介します。


■ 全体概要

JPNICの奥谷より、ICANNの今後の方針・戦略、新gTLDの進捗、gTLD WHOISの
あり方に関する整理・検討について主に報告しました。内容につきましては、
vol.1194をご覧ください。


■ 国コードドメイン名支持組織(ccNSO)関連報告

ccNSO関連報告では、JPRSの高松氏から、

 ・IANA機能の監督機能移管に関する議論に時間が多く割かれ、ccNSO評議会
   としてコメントを提出したこと
 ・インシデント発生時の対応として、ccTLD間での連携の検討
 ・各国におけるドメイン名悪用への対策

などのご紹介をいただきました。


■ 政府諮問委員会(GAC)報告

GAC報告では、総務省の山口氏より、

 (1) 新gTLD関連のGAC勧告の状況
 (2) ICANNを構成する組織および周辺の組織との交流
 (3) IANA機能を監督する役割の移管について
 (4)「今後のインターネットガバナンスに関するグローバルマルチステーク
     ホルダー会合(NETmundial)」

についてご報告いただきました。

(1)のGAC勧告については、セーフガード勧告(カテゴリー1: 消費者保護/参入
規制などへの配慮が必要なもの、カテゴリー2: 排他的登録)、.wine/.vin、
およびIGO(政府間機関)/赤十字・赤新月の名称保護についてが、主な継続課
題となります。そのうち、.wine/.vinは、原産地の地理的表示の保護を必要
とするという立場の欧州各国と、必要ないとする米国・豪州などが対立して
おり、両者の溝は埋まりませんでした。本件については、シンガポール会合
期間中に、新gTLDプログラム委員会の決議が公表されましたが、これがICANN
の定款で定められている「理事会決議前のGACによるコメント」の機会が与え
られていないスケジュールであったため、欧州各国からの反発があり、GAC勧
告には「ICANN定款上の違反あり」と記載され、当該関係者の合意に向けた協
議の促進も盛り込まれました。

(3)のIANA機能を監督する役割を、米国商務省電気通信情報局(National
Telecommunications and Information Administration: NTIA)よりマルチス
テークホルダーコミュニティに移管することについては、基本的にGACは賛成
ではあるものの、各論では異論もあったとのことです。また、米国議会の動
きとして、DOTCOM Act(*1)という、NTIAが管理権限を手放すことに関して枷
をはめる法案(*2)についても触れられていました。

(*1) H.R. 4342, Domain Openness Through Continued Oversight Matters 
     Act of 2014
     http://docs.house.gov/meetings/IF/IF00/20140507/102216/BILLS-1134342ih.pdf

(*2) 具体的には、会計検査院(Government Accountability Office: GAO)院
     長がNTIAの役割に関する報告書を議会に提出するまで、NTIAがDNSの管
     理権限を手放すことを差し止める、という内容となっています。2014年
     5月8日に下院エネルギー・商業委員会で可決されました。


■ その他の報告

インターネットソサエティ日本支部(ISOC-JP)の藤崎氏からは、ICANN
At-Largeについてご報告いただきました。At-Largeとはどういうものか、お
よび最近の状況、特に次回ロンドン会議で開催されるAt-Largeサミットにつ
いてご報告いただきました。

その他、JPNICの是枝から「TLD名前衝突に関するJPNICにおける検討につい
て」もご報告しましたが、vol.1202の内容と重複しますので、ここでは割愛
します。

  ○名前衝突(Name Collision)問題の周知と対策実施のお願い
    ~JPNICにおける検討と報告書の公開について~ (vol.1202)
    https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2014/vol1202.html


■ ICANNによる発表

シンガポールにあるICANNアジア拠点のWong氏より、アジア太平洋地域におけ
るICANNの取り組みについて、ご報告いただきました。第38回ICANN報告会で
配布した、ICANNへの質問・ご要望に関するアンケート(JPNICおよびIAjapan
が配布しているアンケートとは別)での意見を元に、オンラインセミナーが毎
回違う内容で開催されることになったとのことです。2014年6月および8月は
新gTLDレジストリ向けの内容となります。


■ インターネットガバナンスに関するパネルディスカッション

パネルディスカッションには、さまざまな立場を代表する方々にパネリスト
として加わっていただき、「IANA監督権限の米国政府からの移管」および
「NETmundial(*3)」について議論しました。

パネリスト(敬称略):

  前村 昌紀(JPNIC)(モデレーター)
  Jacob Williams(株式会社インターリンク)
  Kelvin Wong(ICANN)
  奥谷 泉(JPNIC)
  加藤 朗(WIDEプロジェクト)
  橘 俊男(ISOC-JP)
  Adam Peake(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター)
  堀田 博文(JPRS)
  山口 修治(総務省)

(*3) https://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/NETmundial.html

それぞれのアジェンダについてJPNICより説明した後、モデレーターより各パ
ネリストに質問を投げかける形で、ディスカッションを開始しました。パネ
リストからの主なコメントは、次の通りです。

○IANA監督権限の米国政府からの移管

a. 米国政府(NTIA)は必ず監督権限を移管するとは限らず、適切なマルチス
   テークホルダーによる移管の受け皿ができた時に限って移管することにな
   るだろう
b. NTIAはアカウンタビリティが保証されれば移管するとしているが、アカウ
   ンタビリティの定義がなく、コミュニティに対するアカウンタビリティを
   誰が判断するのか
c. 日本のコミュニティがこの件について議論して、意見を発していく必要が
   ある

○NETmundial

d. NETmundial終了時に成果文書を残せたのは大きく、早速後に続く国連のイ
   ンターネットガバナンス関連会議でも議論は分かれたものの、この文書を
   参照しようという動きが見られた。成果文書に正統性はないかもしれない
   が、多く参照されればデファクト標準的なものとなるだろう
e. IGFを改善してそれを中心として皆で(インターネットガバナンスの課題を)
   議論していくということが、コンセンサスとなったことはよかった
f. 政府とそれ以外のステークホルダーが、同じ土俵で議論したことがよかっ
   た

最後に、JPNICで2014年6月18日(水)に開催の「インターネットガバナンスを
検討する会」の案内を行い、報告会を終了しました。

「インターネットガバナンスを検討する会」開催のご案内
  ~米国政府はルートを捨てるのか? IANAの監督が政府からコミュニティへ~
  https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2014/20140530-01.html

なお、この「インターネットガバナンスを検討する会」については、Webサイ
トやメーリングリストなどの準備を現在進めております。準備が整いました
ら、後日あらためて皆さまにご案内する予定です。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             https://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1206/89708dd6cb804fe3a64679c8db652927┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1206/0a5edf45caeaf7c28d13700c4f34e2cd┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  ::::: https://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト :::: https://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.1206 【臨時号】

 @ 発行  一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
          101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル4F
 @ 問い合わせ先 jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
            本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
        https://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  https://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2014 Japan Network Information Center
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.