メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

担当者情報および担当グループ情報の登録・変更時におけるアクセスコントロール導入について

2013年4月11日

はじめに

JPNICでは、2013年7月30日(火)より、 ネットワーク情報・AS情報・資源管理情報に登録される担当者情報・担当グループ情報の登録および変更に関わる申請の際に、 申請を行える組織を制限するアクセスコントロールを導入します。 この資料ではその内容について説明します。

目次

用語の定義

用語 意味
担当者情報 JPNICデータベース中で[管理者連絡窓口][技術連絡担当者][資源管理責任者]に登録される担当者に関わる情報のこと。 担当者情報をデータベースに登録するとJPNICハンドルが発行され、 それにより識別される。
担当グループ情報 JPNICデータベース中で[管理者連絡窓口][技術連絡担当者][資源管理責任者]に登録される窓口・部署に関わる情報のこと。 担当グループ情報をデータベースに登録するとグループハンドルが発行され、 それにより識別される。
JPNICデータベース登録情報 JPNICデータベースに登録される以下の情報の総称
  • IPアドレスの割り振り・割り当て先に関する情報として登録されるネットワーク情報
  • AS番号の割り当て先に関する情報として登録されるAS情報
  • IPアドレスやAS番号などのネットワーク資源の管理に関する情報として登録される資源管理情報
関連付け JPNICデータベース登録情報中の[管理者連絡窓口][技術連絡担当者][資源管理責任者]に、 JPNICハンドルまたはグループハンドル(またはJPNICハンドルおよびグループハンドル)を登録すること

実施内容

担当者情報・担当グループ情報の新規登録・登録内容変更、 およびJPNICデータベース登録情報との関連付けが可能な申請者を以下の通り明確にします。

現在 JPNICデータベース登録情報との関連付け状況や、 関連付けられたJPNICデータベース登録情報の更新権限を有する組織であるかどうかに関わらず、 認証情報を発行された組織であれば、 すべてのJPNICハンドル・グループハンドルの新規登録・登録内容変更や、 JPNICデータベース登録情報との関連付けを行うことが可能です。
導入後
  1. 担当者情報・担当グループ情報を新規登録する場合
    (これまでと変更はありません)
    • 認証情報を発行された組織であれば、担当者情報・担当グループ情報を新規に登録することが可能です。
    • 新規登録されたJPNICハンドル・グループハンドルは、申請者の認証情報において更新可能なJPNICデータベース登録情報にのみ関連付けることが可能です。詳しくは、「2. JPNICデータベース登録情報の変更を行う場合」で説明します。
  2. JPNICデータベースに登録する場合や登録情報の変更を行う場合
    (2-1)
    ネットワーク情報を新規に登録する場合や、 対象となるJPNICデータベース登録情報中のJPNICハンドル・グループハンドルを別のJPNICハンドルグループハンドルに変更する場合
    • 以下のいずれかに該当するJPNICハンドル・グループハンドルであれば、 対象情報に登録することが可能です。
      図1
      • 対象となるJPNICデータベース登録情報を更新するための認証情報を利用して、新規に登録されたJPNICハンドル・グループハンドル
      • 申請者の認証情報において更新可能なJPNICデータベース登録情報のいずれかに対して既に関連付けられているJPNICハンドル・グループハンドル
    (2-2)
    対象となるJPNICデータベース登録情報中のJPNICハンドル・グループハンドルには変更はなく、JPNICハンドル・グループハンドルの登録内容を変更する場合
    • 該当のJPNICハンドル・グループハンドルが登録されたJPNICデータベース登録情報を更新するための認証情報を利用した場合に限り、 JPNICハンドル・グループハンドルの登録内容変更を行うことが可能です。
      図2 図3
  3. JPNICデータベース登録情報に関連付けられていないJPNICハンドル・グループハンドルの登録内容を変更する場合
    • どの申請者からも登録内容の変更申請を行うことはできません。

スケジュール

時期 内容
2013年4月15日(月) Webページによる情報提供開始
2013年6月28日(金) 関連するJPNIC文書公開予定
2013年7月30日(火) 10:00以降にWeb申請システムより提出される申請より適用開始

Q&A

No. Question Answer
1 今回の変更に伴い、指定事業者として行うことは何かありますか。 特にありません。
今後、 JPNICデータベース登録情報に関連付けられていないJPNICハンドル・グループハンドルについて、 変更申請を行うことができません。
2 JPNICデータベース登録情報に関連付けられていたJPNICハンドル・グループハンドルを、一度関連付けを外した後、再び関連付けを行うことができますか。 関連付けを行うことはできません。
一度関連付けを外したJPNICハンドル・グループハンドルは、 どの申請者からもJPNICデータベース登録情報への関連付けを行うことはできません。
新たにJPNICハンドル・グループハンドルを登録することでご対応ください。
3 他組織が管理するJPNICデータベース登録情報中のJPNICハンドル・グループハンドルを、自組織のJPNICデータベース登録情報に関連付けることはできますか。 JPNICデータベース登録情報への関連付けを行うことはできません。
新たにJPNICハンドル・グループハンドルを登録することでご対応ください。
4 複数のJPNICデータベース登録情報中に該当のJPNICハンドル・グループハンドルが登録されています。
ハンドルが関連付けられているJPNICデータベース登録情報を管理する組織であれば、 どの組織からでもハンドルの登録内容を更新することができますか。
可能です。
5 JPRS側で新規に作成したJPNICハンドルは、JPNIC側で変更申請を行うことができますか。 JPNICのWeb申請システムを利用して変更申請を行うことはできません。 新たにJPNICハンドルを登録することでご対応ください。
6 今回の変更に伴い、JPNICハンドル・グループハンドルを登録・変更した際の通知メールの宛先は変更されますか。 通知メールの送信先は変更しません。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.