メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
プリント用ページ

特殊用途PIアドレスの返却について

特殊用途プロバイダ非依存アドレスの返却について

ネットワークの運用終了になどにより、 特殊用途用プロバイダ非依存アドレス(以下、 特殊用途用PIアドレス)が不要になった場合には、 特殊用途用PIアドレスをJPNICに返却してください。 JPNICに特殊用途用PIアドレスを返却する場合には、以下をお読みの上、 必要な手続きを行ってください。 返却にともない、 締結中の特殊用途用プロバイダ非依存アドレス割り当てサービス契約も解約されます。

なお、特殊用途用PIアドレスは他の組織に譲渡することはできません。 他の組織に移管する場合には、現在締結中の契約の変更が必要となります。 ご事情を詳しくお伺いしたうえで、 実際の手続きをご案内しておりますので、JPNICまでご相談ください。

申請前にご確認ください

申請を行うにあたって注意が必要な点をご紹介しています。 申請前に一度ご確認ください。

返却を行う特殊用途用PIアドレスの経路広告、IRRへの登録は削除されましたか?
特殊用途用プロバイダ非依存アドレスを返却する場合、経路広告が行われていないこと、IRRへの登録があればすべて削除されていることをあらかじめご確認ください。
契約時に提出した印鑑証明書と同一の印鑑が返却解約フォームに捺印されていますか?
特殊用途用プロバイダ非依存アドレス割り当て返却/契約解約フォームには、特殊用途用プロバイダ非依存アドレス割り当てサービス契約締結時に利用された印を捺印していただく必要があります。捺印前にもう一度ご確認をお願いいたします。

特殊用途プロバイダ非依存アドレスの返却手続き

特殊用途用PIアドレスの返却を希望される場合は、 下記の 「特殊用途用プロバイダ非依存アドレス割り当て返却/契約解約フォーム」 に必要事項を記入のうえ、 以下の書類郵送先まで送付してください。

【郵送先】
〒101-0047
東京都 千代田区 内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル4F
一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.