メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲        ◆ JPNIC News & Views vol.1028【臨時号】2012.11.8 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.1028 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Internet Week 2012の開催が、いよいよ11月19日(月)からと迫ってきました。
明日11月9日(金)は事前登録の締め切りとなりますので、申し込みがお済みで
ない方はお早めにどうぞ。

さて、これまで7回にわたり、法林浩之氏によるInternet Week 2012の注目プ
ログラムのご紹介を連載してきましたが、最終回となる本号では「IPミーティ
ング」を取り上げ、ご紹介いただきます。なお、第1弾~第7弾については、
下記のバックナンバーをご覧ください。


□直前特集! Internet Week 2012 注目プログラムのご紹介
  ○[第1弾]「T5:これからはじめるIPv6」(vol.1019)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1019.html
  ○[第2弾]「T10:IPv6各種移行・共存技術解説」(vol.1020)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1020.html
  ○[第3弾]「T8:インターネットの決めごとの作り方を学ぼう」(vol.1022)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1022.html
  ○[第4弾]「D1:パケットフォワーディングを支える技術」(vol.1023)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1023.html
  ○[第5弾]「T1:CSIRTの今とこれから」(vol.1024)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1024.html
  ○[第6弾]「D2:DNSDAY」(vol.1026)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1026.html
  ○[第7弾]「T4:ルーティングチュートリアル」(vol.1027)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1027.html

<参加申込はこちらから:割引のある事前登録は、11月9日(金)17:00まで>
https://internetweek.jp/apply/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 直前特集! Internet Week 2012 注目プログラムのご紹介:
   [第8弾]「D3:IP Meeting 2012~人のチカラ、インターネットのチカラ~」
                                             日本UNIXユーザ会 法林浩之
                                                JPNIC 奥谷泉/木村泰司
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ明日、11月9日(金)はInternet Week 2012の事前登録締め切り日で
す。皆さま、申し込みはお済みでしょうか。

今まで7回にわたって、「Internet Week 2012 注目プログラムのご紹介」と
題し、約30本のプログラムから注目プログラムの企画意図や見どころを担当
プログラム委員に語っていただき、その想いを、私、法林がお伝えしてきま
したが、この連載もこれで終了です。

トリを飾る注目プログラム紹介の第8弾は、もちろん「D3:IP Meeting 2012
~人のチカラ、インターネットのチカラ~」です。Internet Weekの全体会合
として位置付けられているこの「IP Meeting」は、Internet Weekの前身とも
言える存在であり、今年で22回目となる伝統の一戦です。しかし、IP Meeting
で取り上げる話題は毎年異なります。今年はどんなセッションを企画してい
るのか、担当プログラム委員の奥谷泉さん(JPNIC)と木村泰司さん(JPNIC)に
話をお聞きしました。


法林:IP Meetingの内容は、毎年恒例の今年1年を振り返る定点観測的な部分
      と、毎年テーマの異なる今後を見据えた講演やパネルディスカッショ
      ンに分かれている印象があるのですが、今年はどんな感じですか?

奥谷:そうですね。今年のIP Meetingも、前半の「Internet Today!」と後半
      の「テーマセッション」に分かれています。前半と後半のホットなと
      ころをご説明します。

      前半の「Internet Today!」は、2012年のホットトピックを振り返りま
      す。今年のインターネットの全体像、インターネットの"今"を知ると
      という意味で、ぜひご参加いただきたいセッションです。IPv6とIPv4
      の共存の現状、トラフィックなどから見た2012年とホットトピックの
      解説により、2012年らしい出来事を振り返っていただけるのではない
      かと思います。

      具体的には、まずは本格的なIPv6とIPv4の共存時代への突入を今年の
      特徴の一つとして、これを切り口とした講演を午前中にお聴きいただ
      けます。

木村:この他に、人為的ミスによる大規模障害、そして標的型攻撃などの表
      面化しにくいセキュリティ・インシデントの顕在化などがありました。
      これらは、表向きには見えにくいシステムの不具合や日常的な運用の
      中の出来事が、その上で成り立つサービスに大きな影響・ダメージを
      与え得る、ということをあらためて示したと言えると思います。この
      セッションで何よりもホットなところは、これらを振り返ってくださ
      るスピーカーの面々です。


法林:時間割を見ると「Internet Today!」も二つのパートに分かれていて、
      午前がIPv6とIPv4の共存、ランチセッションを挟んで午後が分野ごと
      の2012年振り返り、という構成になっていますね。

木村:はい。そして午後の後半は、テーマセッションの「人のチカラ、イン
      ターネットのチカラ」です。昨年とは趣向を変えて、今年はインター
      ネットを支える役割を持つ私達自身にフォーカスしました。このセッ
      ションでは、いくつかの切り口で日本のインターネットとインターネッ
      トコミュニティを分析していきます。

      インターネットは世界中に接続できるグローバルなネットワークです
      が、その運用には、日本固有のコミュニティや技術も深く関わってい
      ます。今、私達はどのような独自性を持ち、どのような強みがあり、
      そして私達が直面している課題は何なのか。私達の強みと課題を確認
      し、今後の日本のインターネットを考えるセッションにできればと思
      います。


法林:今年も盛りだくさんな内容ですね。では今年のIP Meetingで、特にア
      ピールしたいポイントがあれば教えてください。

奥谷:テーマセッションで取り扱う、日本のインフラとしてのインターネッ
      トを支える立場だけではない、外からの観点をお持ちの講演者のディ
      スカッションに注目していただきたいですね。スピーカーの方々が、
      鉄道、電話、モバイル通信、通信政策・通信経済学といったそれぞれ
      の専門知識に基づいてインターネットへの考えを語っていただく内容
      となっており、これらのスピーカーが一堂に集まって議論する場は初
      めてです。これまでと違う切り口でのインターネットを考えるきっか
      けになるセッションにできればと考えています。

      また、今回の大きな特徴として、パネルディスカッションを前半と後
      半それぞれに設けました。今年らしい動向を知っていただくことに加
      え、ディスカッションを聴きながら、参加者のみなさんも一緒にテー
      マについて考えていただくこともできるのではないかと思います。1
      年を振り返るにあたり、日本のインターネットを外からの視点も交え
      て、今後について考えるきっかけにしていただくことができればと考
      えています。

木村:IP Meetingの後には懇親会があります。今回のIP Meetingで取り上げ
      た話題が、ご参加の皆さまとのご歓談のお役に立てれば幸いです。


法林:最後のパネルディスカッションで、鉄道インフラの話をするのは鉄道
      マニアのネットワークエンジニアかと思っていたら、本物の鉄道会社
      の方が出てきたので驚きました。それはともかく、最後に、このプロ
      グラムはどんな人に参加してもらいたいか、一言お聞かせください。

奥谷:IP Meetingは、国内のインターネット業界について振り返り、考える
      ことをテーマとしていますので、インターネット業界に関わりがある、
      幅広い層の方にご参加いただければと考えています。例えば、ISPで運
      用に関わる方、インターネットを使ったサービスの企画や運営に関わ
      る方、日本のインターネットに関わる施策やビジネスに関わる方、そ
      してインターネットというとWebサービスやアプリケーションを思い浮
      かべる方にも、来ていただきたいと思います。


法林:ありがとうございました。今年もInternet Weekのトリを飾るプログラ
      ムです。熱いセッションを期待しています。


■「D3: IP Meeting 2012~人のチカラ、インターネットのチカラ~」詳細

   - 日時:2012年11月22日(木) 9:30~17:30
   - 会場:富士ソフト アキバプラザ
   - 料金:事前料金 10,000円/当日料金 14,000円
   - https://internetweek.jp/program/d3/

   - 内容:2012年のインターネットの最新動向を伝え、今後に向けた議論を
           行い、総括する、Internet Week 2012の全体会合です。

           前半は、「Internet Today!」と題して、インターネットの運用
           にかかる今年のホットトピックを振り返ります。

           後半は、テーマ・セッション「人のチカラ、インターネットのチ
           カラ」です。日本のインターネットに関わる私達を"外"の視点で
           見たときに、私達が持つ強みにはいったい何があるのか、そして
           私達が忘れてはならない課題には何があるのかを、さまざまな視
           点で解説していただき、皆さまと考えていきます。

   - アジェンダ:

     Internet Today!
     9:30~11:50  1) IPv6とIPv4の動向と対策
                      ・移転とアドレス売買
                          講演者:あきみち(Geekなページ)
                      ・World IPv6 Launch ~その後~
                          講演者:江崎 浩(ISOC-JP)
                      ・IPv6/IPv4共存技術の動向
                          講演者:松嶋 聡(ソフトバンクテレコム株式会社)
                      ・枯渇後、IPv6とIPv4は共存できる環境が整っている
                        のか(パネルディスカッション)
                          モデレータ:あきみち(Geekなページ)
                          パネリスト:國武 功一
                                      (株式会社ビーコンエヌシー)
                                      馬場 達也(株式会社NTTデータ)
                                      佐藤 良(株式会社コナミデジタル
                                                   エンタテインメント)

     12:50~15:00  2) インターネット運用の動向/ホットトピック
                      ・2012年のインターネット運用動向
                          講演者:吉田 友哉
                                 (インターネットマルチフィード株式会社)
                      ・2012年に起きた人為的ミスによる大規模障害について
                          講演者:三輪 信雄(S&Jコンサルティング株式会社)
                      ・2012年に起きたセキュリティ・インシデントの解説
                        とイベント紹介
                          講演者:川口 洋(株式会社ラック)

     テーマセッション
     16:00~18:30 3) 人のチカラ、インターネットのチカラ~ 
                    モデレータ:クロサカタツヤ(株式会社企) 
                    パネリスト:石田 慶樹(日本DNSオペレーターズグループ
                                          代表幹事/JPIX)
                                川村 聖一
                                (NECビッグローブ株式会社・JANOG会長)
                                櫻井 浩(JR東日本メカトロニクス株式会社)
                                実積 寿也(九州大学)
                                水越 一郎(東日本電信電話株式会社)

     17:15~17:30 4) クロージング

※時間割、内容、講演者等につきましては、予告なく変更になる場合があり
  ます。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1028/b533e2bee3e83ed6aa641aa04d68f12d┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1028/478c129ecce40de599e9f966bd5e4149┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.1028 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2
                          アーバンネット神田ビル4F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml  :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2012 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.